Windows11 Pro(Preview)での主要写真・映像系アプリ人柱動作確認。Photoshop, Lightroom, CaptureOne, X Raw Studioなど

Windows11 Pro (Release Preview: 22000.176)で写真・映像系アプリを動作確認しました。 2021/10/05に正式リリースされるWindows 11 Proですが、Windows Insider Program経由で入手可能です。残り1か月となり正式リリースにかなり近い状態ということで各種アプリの動作確認をしました。動作するのか気になっている方のお役に立てばと思います。 何か試してほしいソフトウェア・アプリがございましたら動画のコメント欄にどうぞ。

0:00 導入
2:14 Win11の映像系(HDRなど)、Photoshop動作(30bitカラー)
5:16 Lightroom Classic + MIDI2LR
7:14 Capture One 21 Pro + テザー撮影テスト
7:59 Davinci Resolve 17 Studio + NVENCレンダーテスト
10:53 PhotoMechanic Ver6.0
12:37 set.a.light 3D Studio 2.5
15:15 FUJIFILM X RAW STUDIO + USBカメラRAW現像テスト
17:35 Photomatix Pro (HDR)
18:08 まとめ

<留意>
・2021/09/05時点での検証です
・あくまで私の環境での簡易テストですので、業務やクリティカルな場面での先行導入には十分なテスト等別途実施ください。
・Win 10 Pro(64bit)最新版ですでに写真・映像系アプリはインストール済みの状態で、Win11にアップグレードした状態でテストしています(Win11のクリーンインストールではありません)。
・Ryzen 5 3600, GTX1070の環境です。

Share
Fujifilm JPEG撮って出しの絶対的魅力。RAW現像で再現が難しい点。ママ・パパカメラに最適?

富士フィルム機のJPEG撮って出し(フィルムシミュレーション)の魅力を語ります。なかなかRAW現像では再現が難しく、特に人肌の滑らかな階調が素晴らしく殆どRAW現像をせずにJPEG撮って出しの人生になりました。JPEG撮って出しが良い感じなので、ママ?パパ?カメラにも良いかなと思っており、妻も良い写真をたくさん撮ってくれています。
*留意:RAW現像を否定するものではありません。
*動画の文字表現で富士フィルムになっている箇所が何カ所かありますね。富士フイルムです(笑)


<動画の内容>
0:00 動画の概要
0:53 富士フイルム機のJPEG撮って出しの魅力を紹介。まずは自分の立ち位置・プロファイルを考える。25年以上のカメラ経験で富士フイルム機のJPEG撮って出しをどう感じているかを紹介。
9:40 実際にJPEG撮って出し(ASTIA/SOFT)とAdobe Camera RAW(Lightroom, Photoshop)でのRAW現像比較
12:10 Fujiflm X RAW STUDIOによる唯一撮影後にJPEG撮って出しを再現できるカメラ内現像に関してX-T3, X-T4を用いて紹介。カメラの機種が違うと現像できない問題点を指摘。X-T4になって16bit TIFF出力が可能になった点を紹介
16:38 動画のまとめ。あらためてJPEG撮って出しで撮影に集中・完結できるようになった点。家族(妻)も良い写真を撮ってくれている点。Apple QuickTakeに期待。富士フイルム公式のフィルムシミュレーションのコダワリを引用紹介。

<動画中の富士フイルム公式見解のURL>
・Film Simulationの世界#1 : https://fujifilm-x.com/ja-jp/stories/the-world-of-film-simulation-episode-1/
・Film Simulationの世界#2 CLASSIC CHROME:https://fujifilm-x.com/ja-jp/stories/the-world-of-film-simulation-episode-2/
・Velvia : https://fujifilm-x.com/ja-jp/stories/the-world-of-film-simulation-episode-3/
・Pro Neg. https://fujifilm-x.com/ja-jp/stories/the-world-of-film-simulation-episode-4/
・Astia : https://fujifilm-x.com/ja-jp/stories/the-world-of-film-simulation-episode-5/
・Provia : https://fujifilm-x.com/ja-jp/stories/the-world-of-film-simulation-episode-6/
・開発者インタビューテレ東プラス:フィルム写真に徹底的にこだわったデジタル。富士フイルム「Xシリーズ」と「X-T3」:上野さんのインタビュー :https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/lifestyle/entry/2019/019675.html

・富士フイルムデジタルカメラ「Xシリーズ」に関する公式フェイスブックページ
https://www.facebook.com/photo/?fbid=327094207411947&set=a.280681248719910
富士フイルムの目指す色(第1回)
https://www.facebook.com/photo/?fbid=330786277042740&set=a.280681248719910
富士フイルムの目指す色(第2回)
https://www.facebook.com/photo/?fbid=333630170091684&set=a.280681248719910
富士フイルムの目指す色(第3回) ~記憶色のチューニングと工夫~ https://www.facebook.com/photo/?fbid=336021016519266&set=a.280681248719910
富士フイルムの目指す色(第4回) ~「JPEG撮って出し」へのこだわり~ https://www.facebook.com/photo/?fbid=336024639852237&set=a.280681248719910
富士フイルムの目指す色(第5回) ~中間色の再現性・前編~ https://www.facebook.com/photo/?fbid=336024756518892&set=a.280681248719910
富士フイルムの目指す色(第6回) ~中間色の再現性・後編~ https://www.facebook.com/photo/?fbid=344571175664250&set=a.280681248719910
富士フイルムの目指す色(第7回) ~三位一体による高画質実現・前編~ https://www.facebook.com/photo/?fbid=344571428997558&set=a.280681248719910
富士フイルムの目指す色(最終回) ~三位一体による高画質実現・後編~
・Fujifilm X RAW STUDIO : https://fujifilm-x.com/ja-jp/support/download/software/x-raw-studio/

<動画中で紹介している私のX-T3レビュー動画など>
・Fujifilm X-T3 長期使用レビュー(X-T4, X-H1, Canon/Sonyなどとの比較も)(その1) https://www.youtube.com/watch?v=QZZqtZBui9g
・Fujifilm X-T3 長期使用レビュー(X-T4, X-H1, Canon/Sonyなどとの比較も)(その2) https://www.youtube.com/watch?v=HEAT3zejU4U
・Fujifilm X-T3人物・家族撮影 高速現像ワークフロー(Lightroom Classic, PhotoMechanic, X-TOUCH MINI) https://www.youtube.com/watch?v=X_VkhHAPLV4

動画中の製品
Fujifilm X-T3 : https://amzn.to/2VnijBV
Fujifilm X-T4 : https://amzn.to/3a8SgnC

Share
Fujifilm X-T3, X-E3, X-H1など旧機種RAWファイルのEXIFを編集してX-T4のブリーチバイパス、クラシックネガティブをRAW現像する方法

富士フイルムX-T3, X-E3, X-H1, X-Pro2など旧X-Trans CMOS搭載のRAWファイルのEXIFを編集し、X-T4の新フィルムシミュレーション(FS)であるETERNA Bleach Bypass, Classic Negativeのプロファイル(カメラマッチング)を選択し現像する解説。Adobe Camera RAW(Photoshop, Lightroom)、Capture Oneを用いて現像し、X-T4のJPEG撮って出しフィルムシミュレーションと比較します。

X-T3、X-H1、X-E3、X-PRO2など旧機種をお持ちのユーザーさんで上記の新フィルムシミュレーションを自分の過去に撮影したRAW画像で試したい方への動画です。

<動画の内容>
0:00 動画の概説
0:53 動画のもうすこし詳細を紹介(X-T3, X-H1, X-E3, X-E2など旧機種でもブリーチバイパス、Classic Negativeが現像できる点などの紹介。X-A3はできない。)
6:18 具体的なEXIFの編集、およびAdobe Camera Raw(Photoshop, Lightroomなど)、Capture Oneでの現像方法の紹介。Exiftoolのバッチ処理
22:13 X-T4 JPEG撮って出しの新のフィルムシミュレーション(クラシックネガティブとブリーチバイパス)と、上記の旧機種でのRAW現像比較
30:09 まとめ(X-T4はこの新FSだけではなく、静止画カメラとしてもなかなか良いなどの感想)

Share