Fujifilm X-H2s触ってきました。フィルムシミュレーションはHDR対応なのか?など

X Summit OMIYA 2022で発表されたX-H2sをさっそく触ってきました。持ってみた感じ、フィルムシミュレーションがHEIF(静止画)、動画でHDRに対応しているのかなどを確かめてみました。ブラックアウトフリー、AFはやはり積層センサーの恩恵を受けていましたね。

HDR(HDR合成ではない)などは規格も多く難しいので動画中でも紹介しているサイトのURLを以下に貼っておきます。

EDIUSWORLD.COM [Let’s HDR! Vol.1 「そもそもHDRって何?」] https://www.ediusworld.com/jp/laboratory/letshdr01.html

Vook [色空間を考える上での3つの要素:トランスファーカーブ、色域、ホワイトポイント] https://vook.vc/n/469

Light Illusion [What is HDR?]
https://www.lightillusion.com/what_is_hdr.html

実践的なHDR出力対応~レンダリングパイプラインの構築~シリコンスタジオ株式会社 https://www.siliconstudio.co.jp/rd/presentations/files/CEDEC_KYUSHU2017/cedec_kyushu_2017_hdr_kawase.pdf

よくわかる、HDR徹底解説!(EIZO)
https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/color_management/hdr/

Fujifilm X-H2s initial review : DPReview
https://www.dpreview.com/reviews/fujifilm-x-h2s-initial-review

・チャプター構成
0:00 導入
1:03 触ってみた感じ
2:38 Film SimulationはSDR?HDR?
21:39 4K120Pの音声記録
22:53 ブラックアウトフリーの様子
23:40 AFの感じ
24:56 XF18-120mmF4 LM PZ WR
26:47 まとめ

Share
Fujifilm X-T3, X-E3, X-H1など旧機種RAWファイルのEXIFを編集してX-T4のブリーチバイパス、クラシックネガティブをRAW現像する方法

富士フイルムX-T3, X-E3, X-H1, X-Pro2など旧X-Trans CMOS搭載のRAWファイルのEXIFを編集し、X-T4の新フィルムシミュレーション(FS)であるETERNA Bleach Bypass, Classic Negativeのプロファイル(カメラマッチング)を選択し現像する解説。Adobe Camera RAW(Photoshop, Lightroom)、Capture Oneを用いて現像し、X-T4のJPEG撮って出しフィルムシミュレーションと比較します。

X-T3、X-H1、X-E3、X-PRO2など旧機種をお持ちのユーザーさんで上記の新フィルムシミュレーションを自分の過去に撮影したRAW画像で試したい方への動画です。

<動画の内容>
0:00 動画の概説
0:53 動画のもうすこし詳細を紹介(X-T3, X-H1, X-E3, X-E2など旧機種でもブリーチバイパス、Classic Negativeが現像できる点などの紹介。X-A3はできない。)
6:18 具体的なEXIFの編集、およびAdobe Camera Raw(Photoshop, Lightroomなど)、Capture Oneでの現像方法の紹介。Exiftoolのバッチ処理
22:13 X-T4 JPEG撮って出しの新のフィルムシミュレーション(クラシックネガティブとブリーチバイパス)と、上記の旧機種でのRAW現像比較
30:09 まとめ(X-T4はこの新FSだけではなく、静止画カメラとしてもなかなか良いなどの感想)

Share