Fujifilm祭:X-Summit NYC 2020 X-H2とX-T5のスペック・差別化予想(だらだら動画)

富士フイルムユーザーの秋のお祭り「X-Summit NYC 2020」がいよいよ9/9(日本時間)に行われます。X-H2の予想はほぼ固まりつつありますので細かいスペックの予想と、X-T5, X-PRO5, X-S20などの今後続く第5世代機はどのようなスペックでどのように差別化されて発売されるのか予想(希望)を含めだらだらと動画で語っています。話していたら非常に長い動画になってしまったので、倍速再生や何か作業をしながらでもお付き合いいただければと思います。 X-T4を愛用しており静止画・動画ともにほとんど不満なく使っています。発売日から使っており各部壊れてきており早くX-T5の発売を待っています。

*この動画を作った後で早速、新噂。「X-H2は4K120Pが未対応」という非常にまずい(=X-T5もそうなる可能性が高い)情報が。これはやばい。この動画の内容と全然違う方向の発言ですが、こうなったら、やはり「X-Trans 5HSのX-T5」が欲しい・・。

<動画チャプター>
0:00 導入
2:23 X-Trans CMOS5のラインナップ
6:09 X-H2, X-T5のポジショニング
7:45 X-H2, X-T5, X-PRO4, X-S20予想と差別化
42:05 40MPixのファイルサイズ
42:32 新レンズ予想
45:59 まとめ

Share
Fujifilm機:人物撮影(ポートレート)撮って出し撮影設定の紹介

富士フイルム機のミラーレスカメラで設定できる撮って出し写真・動画の設定を紹介します。あくまで個人的な好みの設定であり、今回の動画を参考にいろいろ調整して皆さんの好みを見つけていただければと思います。富士フイルム機はフィルムシミュレーションも魅力ですが、撮って出しにはDR設定(ダイナミックレンジ設定:200%, 400%)がとても有用ですのでそれも合わせて解説しています(検証もしています)。私の場合は、Astia(ソフト)が人肌には好きなので、Astiaベースにハイライト・シャドウ・カラー、そしてDR設定、撮影時の露出補正の基準を紹介しています。

 また撮って出しを自分の好みに調整できると静止画も動画も同じ結果で残せるので、近年は静止画も動画も両方残す方も多いと思うので有用だと考えています。 *動画中で何度も触れていますが、丁寧なRAW現像、動画ポスプロを否定していません。撮って出しを追求するならという点で何らかの参考になれば幸いです。 また、撮って出しを自分の呑み

X-T4をベースに紹介していますが、(おそらく)全ての富士フィルムのミラーレス機(レンズ交換式・固定式両方)で適用可能だと思います。どうぞお試しください。

*撮影時の設定が悪く音量がチャプターによって上下しています。すみません。


<動画チャプター>

0:00 導入
3:12 静止画撮影時設定
6:49 動画撮影時設定
7:45 DR設定の注意点(最低ISO)
10:04 測光&フォーカスエリア
11:23 露出補正の基準(+2/3EV)
12:53 実際の撮影時の様子(静止画)
14:36 実際の撮影時の様子(動画)
16:03 撮影データによる解説(サンプル1)
19:17 撮影データによる解説(サンプル2)
21:46 グレーカードによるDR設定の検証
27:43 まとめ

Share