Lightroomのカタログから好きなレンズ・撮影傾向の分析方法と富士フイルムのおすすめレンズの紹介。SQLiteによる詳細な分析方法。

Adobe Lightroom Classicのカタログファイルは自己の撮影傾向・使用レンズなどを分析するのに最適です。ライブラリモジュールのメタデータフィルターを活用し、自分がどんなレンズでたくさん撮影しているのか等を客観的に判断できます。
富士フイルムに移行して約15万枚の撮影をした結果、どのようなレンズを使っていたかを分析し、フジノンレンズの個人的なオススメレンズを紹介したいと思います。 動画後半:Lightroom Classicのカタログファイルは、SQLite形式なのでデータベース・分析になれている形向けにテーブル情報等の紹介・簡単な分析クエリを紹介します。

<動画の流れ>
0:00 動画の概要・目的
0:45 動画の流れ(1年8ヶ月で富士フイルム機で撮影した約15万枚の撮影データから、使用頻度の多かったレンズをLightroom Classicを用いて分析)の紹介
2:23 Lightroom Classicを用いたカタログでのデータ分析の紹介。XF35mmF1.4, XF56mmF1.2, XF90mmF2がやはり撮影枚数が多かったオススメレンズ。
9:53 動画前半のまとめ。ご自身のカタログで同様の分析をして新しい可能性を広げるには?
10:45 動画後半:Lightroom Classicのカタログ(SQLite形式)を実際にSQLiteクライアントでアクセスして、テーブル構成の説明、クエリを発行してみます。

<動画後半のテーブル情報・クエリ情報>
画像単位のテーブル(撮影日・フォーマット(Bit深度,RAW,JPEG)、画像サイズ・・・)
SELECT * FROM Adobe_images;

Exif単位のテーブル(撮影日・絞り・焦点距離・ISO・SS・GPS・カメラ・レンズ・・)
SELECT * FROM AgHarvestedExifMetadata;

カメラ単位のテーブル
SELECT * FROM AgInternedExifCameraModel;

レンズ単位のテーブル
SELECT * FROM AgInternedExifLens;

焦点距離別グループ化の撮影枚数(例)
SELECT focalLength,count(id_local) AS shots FROM AgHarvestedExifMetadata GROUP BY focalLength

ISO別グループ化の撮影枚数(例)
SELECT isoSpeedRating,count(id_local) AS shots FROM AgHarvestedExifMetadata GROUP BY isoSpeedRating

レンズ名グループ化の撮影枚数(例)
SELECT T_LENS.value AS lensName, count(T_EXIF.id_local) AS shots FROM AgHarvestedExifMetadata AS T_EXIF LEFT JOIN AgInternedExifLens AS T_LENS ON T_EXIF.lensRef = T_LENS.id_local GROUP BY T_LENS.value

カメラ名グループ化の撮影枚数(例)
SELECT T_CAMERA.value AS Camera,count(T_EXIF.id_local) AS shots FROM AgHarvestedExifMetadata AS T_EXIF LEFT JOIN AgInternedExifCameraModel AS T_CAMERA ON T_EXIF.cameraModelRef = T_CAMERA.id_local GROUP BY T_CAMERA.value
*留意:あくまでカタログファイル(.lrcat)をコピーしてから行い、本カタログデータを破壊しないようにご留意ください。

<関連動画>
Fujifilm X-T3 長期使用レビュー(X-T4, X-H1, Canon/Sonyなどとの比較も)(その1)
https://youtu.be/QZZqtZBui9g

<動画中の製品リンク>
Fujifilm X-T3 : https://amzn.to/2VnijBV
Fujifilm X-T4 : https://amzn.to/3a8SgnC
Fujifilm XF10-24mmF4 R OIS : https://amzn.to/3eeVCIG
Fujifilm XF23mmF2 R WR : https://amzn.to/3efxF43
Fujifilm XF35mmF1.4 R : https://amzn.to/3a3DGO3
Fujifilm XF56mmF1.2 R : https://amzn.to/2Vqi88U
Fujifilm XF90mmF2 R LM WR : https://amzn.to/3b4Thhs
FRINGER EF-FX PRO II : https://amzn.to/3b6dgfK
Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM : https://amzn.to/2V0ULnl

Share
FEELWORLD LUT7 + Fujifilm X-T4 : 7インチ・屋外高輝度・LUT対応・タッチパネル外部モニターの機能紹介

7インチ外部モニター FEELWORLD LUT7と富士フイルムX-T4接続での各種機能紹介動画です。7インチ、FHDの画面解像度、4K信号HDMIスルー、LUT読込(SDカード)対応、リアルタイムLUT表示、屋外でも見える高輝度(2200nit (cd/m2))モニター、タッチパネル対応、MFピーキング、ゼブラ表示等です。

今回は家族での自撮り動画などで利用予定です(画面をレンズ側に向ける予定)

スピードライト用のシューに取り付けられます。モニターは回転できるので背面側、前面側(自撮り側)も対応可能です。
X-T4のバリアングル液晶も良いですが、室内YoutuberならX-T3 + このモニターでもありかもしれませんね。

<動画の内容>
0:00 動画の概要、モニターの外観、X-T4との接続(MicroHDMI – HDMI)、取付について、マイクの取付について等紹介
1:57 LUT7モニターの機能解説:電源(DC12V入力 or ソニーバッテリー)、X-T4側の設定、タッチパネル、LUTのSDカード読み取り、ETERNAブリーチバイパスリアルタイム表示、MFアシスト(ピーキング)、ゼブラ白飛びチェック、タッチパネルでの拡大表示等

Share
FujifilmミラーレスカメラとiPad Proを用いて家族・ポートレート写真を撮影・取り込み・クラウドでの多量で大切な写真の長期的な管理方法の紹介

富士フイルムのカメラX-T4等を用いて、ポートレート・家族写真を想定した撮影(JPEG撮って出し)をし、その写真をパソコンを使わずにiPad Proに取り込み、Googleフォトに同期する一連の流れを紹介します。今後パソコンを使わずにミラーレスカメラとスマホ(タブレット)という組合せが増えてくると思われるため、このような撮影フローを想定してみました。またタブレットで写真を大きく見ることのオススメと多量の写真の管理方法としてクラウドストレージの選定と特徴についても私の例を紹介します。

家族写真など大切な写真を長期間(数十年にわたって)・大量に管理・整理するためには、どのようにすれば良いかを考えてみます。フィルム時代は必ずプリントしたため、有形物として残っていた写真が、ディジタルカメラが出てきた初期20年間は、その扱いが悪く多くの大切な写真データを失ってしまった方がいます。今後こういうことがないようにしっかりとディジタル写真データの管理を考えていく必要があると思っています。

*留意:動画中ディジタルカメラの初期は技術が発展中であり未熟な部分があったと言及していますが、それは技術の進化の途中であり非難しているわけではありません。

<動画の内容:長い動画になってしまいました>
0:00 概要・動画の目的紹介
1:10 動画の流れの概要(撮影~iPad Pro取り込み~Googleフォト同期:写真の管理と長期保存)
3:37 背景・目的の整理(スマホが圧倒的に便利、ミラーレスは共存、どうやって多量の写真を長期管理して整理していくか?家族・親戚にも共有したいなど
5:54 「ディジタル写真の失われた20年」とは?例えばガラケーで子供写真を撮っていた人達は画質が悪かったり、機種変失敗で写真が失われたりで小さい頃の写真がない人達がいる!?初期のディジカメよりもアポロ計画時代(1969)のフィルムの方が圧倒的な情報量が残っている事実。
12:52 実際にX-T4 + XF35mmF1.4をもちいたポートレートを想定した背景のボケがある撮影の様子。スマホと連動しGPS位置情報(メタデータ)を写真に埋め込むことのオススメと私のポートレート撮影時の設定を紹介(アスティア(Astia)、DR400%、ハイライト(-1)・シャドウ(-1)・カラー(+1)、JPEG撮って出し、飛ばない程度に明るく+露出補正)
22:07 撮影した画像をiPad Proに取り込み(カメラとUSB-Cケーブルで繋ぐ or SDカードリーダー経由)。
25:58 クラウドサービス比較(Google Photo/G-Suite, Apple iCloud, Amazon Prime(Photo/Drive)など)
29:57 Googleフォト(アプリ)の設定で、読み込んだ写真を自動で同期(クラウドにアップロード)する設定の紹介。
34:28 同期した写真を確認のためにWindows 10 ウェブブラウザでGoogleフォトにアクセスし写真を確認。Googleフォトの多量の写真の整理(時間列整理)、検索性(色検索、場所検索、写っているもの検索など)
38:22 まとめ:大切な写真を残すために私がとっている手法を参考程度に紹介。クラウド二箇所、NAS、M-Disc、たまにプリント


<私の関連動画>
Fujifilm JPEG撮って出しの絶対的魅力。RAW現像で再現が難しい点。ママ・パパカメラに最適? https://www.youtube.com/watch?v=v5aup…
富士フイルムカメラ ふわふわ花写真の撮影時カメラ設定の紹介。X-T4,X-T3など富士カメラ全般。 https://youtu.be/qIEgbvpiuuc
Fujifilm X-T4 数日使用感レビュー(特に静止画:シャッター音、IBIS、バリアングル、静止画でのフィルムシミュレーション比較(ブリーチバイパスとクラシックネガティブ) https://youtu.be/YsY21SLXKe0

<動画中の製品リンク>
Fujifilm X-T3 : https://amzn.to/2VnijBV
Fujifilm X-T4 : https://amzn.to/3a8SgnC
Fujifilm XF35mmF1.4 R : https://amzn.to/3a3DGO3
M-Disc(1000年保存Blu-ray) : https://amzn.to/367OD0H

Share