Fujifilm X-T4 IBIS手持ち動画テスト(XF90mmF2, XF56mmF1.2レンズでの手持ち撮影)

富士フイルムX-T4のボディ内手ブレ補正機能を使ってXF90mmF2, XF56mmF1.2の焦点距離の長いレンズの手持ち動画撮影テストを行っています。X-T3の時は、手持ちを諦め、三脚を使って撮影していた2本のレンズを手撮り動画撮影ができれば撮影幅が広がります。今回は、手ブレ補正なし、IBIS/OIS、IBIS/OIS + DIS、手ブレ補正なし+Davinci Resolve 16 スタビライズ機能、IBIS/OIS+Davinci Resolve 16(無償版)スタビライズ機能の5条件で比較しました。

<動画の内容>
0:00 動画概要
0:36 前提条件・撮影時設定・撮影方法・比較3シーンの紹介(S1 : 紫陽花(Velvia), S2 : 紫陽花(ETERNA Bleach Bypass), S3:シラン(ETERNA Bleach Bypass))
4:19 S1[1]:XF90mm No IBIS
4:35 S1[2]:XF90mm IBIS/OIS
4:50 S1[3]:XF90mm IBIS/OIS+DIS
5:05 S1[4]:XF90mm No IBIS + D.R.16 Stabi.
5:20 S1[5]:XF90mm IBIS/OIS + D.R.16 Stabi.
5:33 S2[1]: XF56mm No IBIS
5:49 S2[2]: XF56mm IBIS/OIS
6:05 S2[3]: XF56mm IBIS/OIS+DIS
6:20 S2[4]: XF56mm No IBIS + D.R.16 Stabi.
6:34 S2[5]: XF56mm IBIS/OIS + D.R.16 Stabi.
6:48 S3[1]: XF56mm No IBIS
7:05 S3[2]: XF56mm IBIS/OIS
7:20 S3[3]: XF56mm IBIS/OIS+DIS
7:35 S3[4]: XF56mm No IBIS + D.R.16 Stabi.
7:50 S3[5]: XF56mm IBIS/OIS + D.R.16 Stabi.
8:04 動画まとめ:感想

<関連動画>
富士フイルムカメラ ふわふわ花写真の撮影時カメラ設定の紹介。X-T4,X-T3など富士カメラ全般。
https://youtu.be/qIEgbvpiuuc

<動画中の製品リンク>
Fujifilm X-T3 : https://amzn.to/2VnijBV
Fujifilm X-T4 : https://amzn.to/3a8SgnC
Fujifilm XF56mmF1.2 R : https://amzn.to/2Vqi88U
Fujifilm XF90mmF2 R LM WR : https://amzn.to/3b4Thhs

Share
Lightroomのカタログから好きなレンズ・撮影傾向の分析方法と富士フイルムのおすすめレンズの紹介。SQLiteによる詳細な分析方法。

Adobe Lightroom Classicのカタログファイルは自己の撮影傾向・使用レンズなどを分析するのに最適です。ライブラリモジュールのメタデータフィルターを活用し、自分がどんなレンズでたくさん撮影しているのか等を客観的に判断できます。
富士フイルムに移行して約15万枚の撮影をした結果、どのようなレンズを使っていたかを分析し、フジノンレンズの個人的なオススメレンズを紹介したいと思います。 動画後半:Lightroom Classicのカタログファイルは、SQLite形式なのでデータベース・分析になれている形向けにテーブル情報等の紹介・簡単な分析クエリを紹介します。

<動画の流れ>
0:00 動画の概要・目的
0:45 動画の流れ(1年8ヶ月で富士フイルム機で撮影した約15万枚の撮影データから、使用頻度の多かったレンズをLightroom Classicを用いて分析)の紹介
2:23 Lightroom Classicを用いたカタログでのデータ分析の紹介。XF35mmF1.4, XF56mmF1.2, XF90mmF2がやはり撮影枚数が多かったオススメレンズ。
9:53 動画前半のまとめ。ご自身のカタログで同様の分析をして新しい可能性を広げるには?
10:45 動画後半:Lightroom Classicのカタログ(SQLite形式)を実際にSQLiteクライアントでアクセスして、テーブル構成の説明、クエリを発行してみます。

<動画後半のテーブル情報・クエリ情報>
画像単位のテーブル(撮影日・フォーマット(Bit深度,RAW,JPEG)、画像サイズ・・・)
SELECT * FROM Adobe_images;

Exif単位のテーブル(撮影日・絞り・焦点距離・ISO・SS・GPS・カメラ・レンズ・・)
SELECT * FROM AgHarvestedExifMetadata;

カメラ単位のテーブル
SELECT * FROM AgInternedExifCameraModel;

レンズ単位のテーブル
SELECT * FROM AgInternedExifLens;

焦点距離別グループ化の撮影枚数(例)
SELECT focalLength,count(id_local) AS shots FROM AgHarvestedExifMetadata GROUP BY focalLength

ISO別グループ化の撮影枚数(例)
SELECT isoSpeedRating,count(id_local) AS shots FROM AgHarvestedExifMetadata GROUP BY isoSpeedRating

レンズ名グループ化の撮影枚数(例)
SELECT T_LENS.value AS lensName, count(T_EXIF.id_local) AS shots FROM AgHarvestedExifMetadata AS T_EXIF LEFT JOIN AgInternedExifLens AS T_LENS ON T_EXIF.lensRef = T_LENS.id_local GROUP BY T_LENS.value

カメラ名グループ化の撮影枚数(例)
SELECT T_CAMERA.value AS Camera,count(T_EXIF.id_local) AS shots FROM AgHarvestedExifMetadata AS T_EXIF LEFT JOIN AgInternedExifCameraModel AS T_CAMERA ON T_EXIF.cameraModelRef = T_CAMERA.id_local GROUP BY T_CAMERA.value
*留意:あくまでカタログファイル(.lrcat)をコピーしてから行い、本カタログデータを破壊しないようにご留意ください。

<関連動画>
Fujifilm X-T3 長期使用レビュー(X-T4, X-H1, Canon/Sonyなどとの比較も)(その1)
https://youtu.be/QZZqtZBui9g

<動画中の製品リンク>
Fujifilm X-T3 : https://amzn.to/2VnijBV
Fujifilm X-T4 : https://amzn.to/3a8SgnC
Fujifilm XF10-24mmF4 R OIS : https://amzn.to/3eeVCIG
Fujifilm XF23mmF2 R WR : https://amzn.to/3efxF43
Fujifilm XF35mmF1.4 R : https://amzn.to/3a3DGO3
Fujifilm XF56mmF1.2 R : https://amzn.to/2Vqi88U
Fujifilm XF90mmF2 R LM WR : https://amzn.to/3b4Thhs
FRINGER EF-FX PRO II : https://amzn.to/3b6dgfK
Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM : https://amzn.to/2V0ULnl

Share
FEELWORLD LUT7 + Fujifilm X-T4 : 7インチ・屋外高輝度・LUT対応・タッチパネル外部モニターの機能紹介

7インチ外部モニター FEELWORLD LUT7と富士フイルムX-T4接続での各種機能紹介動画です。7インチ、FHDの画面解像度、4K信号HDMIスルー、LUT読込(SDカード)対応、リアルタイムLUT表示、屋外でも見える高輝度(2200nit (cd/m2))モニター、タッチパネル対応、MFピーキング、ゼブラ表示等です。

今回は家族での自撮り動画などで利用予定です(画面をレンズ側に向ける予定)

スピードライト用のシューに取り付けられます。モニターは回転できるので背面側、前面側(自撮り側)も対応可能です。
X-T4のバリアングル液晶も良いですが、室内YoutuberならX-T3 + このモニターでもありかもしれませんね。

<動画の内容>
0:00 動画の概要、モニターの外観、X-T4との接続(MicroHDMI – HDMI)、取付について、マイクの取付について等紹介
1:57 LUT7モニターの機能解説:電源(DC12V入力 or ソニーバッテリー)、X-T4側の設定、タッチパネル、LUTのSDカード読み取り、ETERNAブリーチバイパスリアルタイム表示、MFアシスト(ピーキング)、ゼブラ白飛びチェック、タッチパネルでの拡大表示等

<2020/07/16 コメント欄の質問を受けての追記>
質問内容:

X 8さん:
いくつか質問があるのですが、お答えいただけますと幸いです!
・こちらタッチパネルではなくとも全ての機能を操作することは可能ですか?
・DC12Vで給電状態でもかなり発熱しますか? 発熱の程度を教えていただけますでしょうか
・NP-Fバッテリーを使用する際は、2つ同時に取り付ける必要がありますか?1つでも駆動しますか?
・ご面倒でなければ、DC in と out の間が何ミリかも教えていただけますと嬉しいです…!

回答1)確認しましたが、Fnボタンが3つ・ダイヤルなどが外側に物理ボタンとしてありますが、タッチパネルを使わないと全機能は使えません。
回答2)DC12Vでもそれなりにモニターから発熱しています。参考までに商品電力は最大18Wと書いてあるのでそれなりですね。久しぶりに出してきたのでバッテリーを使わずにDCアダプターでつかったところ、あまり発熱は気になりませんね。バッテリー駆動時のみかもしれません・・。
回答3)1つのバッテリーでも駆動します。
回答4)下の写真をごらんください(クリックすると拡大します):45mmくらいですかね?

Share