カテゴリー別アーカイブ: The Next Generation Website

Google Code Search

GoogleがGoogle Code Searchを開始した。あんまりグーグルの宣伝ばかりしているとまんまと戦略の思う壺であるが、これは便利なので紹介する。

googlecodesearch.jpg

名前の通りプログラムのソースコードを検索するページ。検索には正規表現が使える。Advanced Searchを使えば、C++言語でGPLベースというような絞りこみができる。少し使ってみたがこれはかなり便利である。便利ではあるが、Googleの本来のページ検索と同様で、ソースコードに信頼性はない。情報過多による情報信度の低下は免れないが、それもコピーペーストではなく、ざっとコードを見渡してから利用すれば参考になるし、上述のようにGPLなどライセンス下におかれたものなら素敵なコードも見つけることができると思う。

しかしこのまま何でもGoogleとなっていくのは人類としてオリジナリティの面での進歩がなくなっていくと思う。何でも過去の遺産にこだわることが人間に慢性化したときに非凡な人間の出現も減ってくる気がする。子供たちへの影響は甚大だと思う。まず夏休みの自由研究はGoogle禁止の法律はいいかもしれない。過去に結果がわかっていてGoogleに載っている結果であっても、自分自身が疑問に思ったところから課題をみつけ、自分の方法で実験をし、不完全でも自分の力で結果を出す練習をしていかないと、Googleの知識(データベース)以下の人間で埋め尽くされてしまう。

Google Calendarスタート

Googleカレンダーがやっとスタートした.

http://calendar.google.com

google アカウントを持っている人はお試しあれ.GmailのAJAXは実装の予想がつくけど,このカレンダーの実装は予想がつかないほどすごい・・・・.作った人はかなりのプログラムスキルだと思う.Mac OS XのiCalのデザインを完全に模倣しているが,AJAXでこの動きを実現するのは相当すごい・・.

Windows Internet Explorer 7

MicrosoftからInternet Explorerの次期ヴァージョンであるWindows Internet Explorer 7のPublic Betaが公開された.私は個人的には前から使っていたのだが,今回パブリックベータということで,誰でもダウンロードして試せるので紹介したい.

ie7_top.jpg
クリックすると英語版IE7 Public Betaのページに飛びます.

現状でもかなりバグが多く,しかも英語版であるためこの時点で試すのはあまりオススメはしないが,新しもの好きの方は是非お試しあれ.

とりあえずタブ機能,RSS Readerが付いたので順当な進化と言えるが,私としてはXML(XHTML)にやっと対応してきたことが嬉しい.このページでも紹介されたように,IE6.0ではXML宣言をした場合に互換モードで表示されるというどうしようもない仕様があった.

参考:XHTMLによるページ作成の注意点

今回,細かくは調査していないがこの問題は無事解決されているようである.今後のウェブの発展を考えると,XMLを正確にパーシングし,表示できる程度の事は最低限必須項目であり,トップシェアのIEがこの時点で対応してきたことには甚だ技術的に疑問がのこるが,まぁ良しとしたい.

WEB 2.0が今年のキーワードである.WEB 2.0は,今までのウェブと同様技術者・仕掛け人の思惑通りにはいかないであろう.そのくらいウェブは大衆意識がゆったりと働き思わぬ方向にブレイクスルーする予想がつかない生き物のようなものである.とはいっても,WEB 2.0の各キーワード,コンセプトをベースに,ウェブがもっともっと可能性をもって発展していくことは間違いなく,ウェブブラウザはそのプラットフォームとして重要な意味を持つ.

以前述べたGoogle OSの公開が目前の今,このIE7.0とWindows Liveによるマイクロソフトの攻勢に今年は大注目である.

*今回英語版パブリックベータのIE7.0を紹介したが,このインストールは自己責任で行って欲しい.もちろん責任は負わない.