カテゴリー別アーカイブ: Inspirations

スマホ用熱赤外カメラFLIR ONEが届いたのでその雑感と茶の湯の家稽古を撮影テスト。

2015/07/10 15:00追記:以下の記事の動画はFPSが低くカクカクですが、これはやはりiPad mini初代のパワー不足でした。会社のiPhone6 Plusユーザーに端末を借りてテストしたところ相当なめらかでした。

米国の熱赤外カメラで有名なFLIR社が、iOSスマホ、androidスマホ、およびタブレット用の熱赤外カメラモジュールFLIR ONE(第2世代)を発売開始しました。半年前から予約を入れていて、先週海外向け発送が始まり今日届いたので早速テストしました。日本に入ってきているのはまだまだ少ないかな。FLIR ONEはiPhone5/5s専用の第一世代から、今回Lightningコネクタ対応、またAndroid版も発売になってFLIR ONE 第2世代となりました。

公式サイト:FLIR ONE @ FLIR

20150709_flirone1_2048

20150709_flirone2_2048

20150709_flirone3_2048

FLIR ONEアプリはiOS/androidともにアプリストアからダウンロード。あとはスマホ・タブレットに差し込むだけ。セットアップは簡単です。私は、Androidスマホユーザーですが、なぜかiOS版を購入しました(いろいろな事情により(笑))。私が持っている対応iOS端末ですとiPad mini(初代)しかないのでCPUパワーが心許なし。
文章で書くより、まずはファーストインプレッション概説としてYoutubeに動画をアップしました。


リンク:FLIR ONE for iOSを簡単に紹介。 | youtube


この動画は、最初の解説動画中で実際にFLIR ONEで撮影されたもの。

<動画内の解説まとめ>
・セットアップは簡単。アプリ(FLIR ONE)をアプリストアからダウンロードしてFLIR ONEを接続するだけ。
・iOS版の場合、iOS標準のカメラインターフェイスとそっくりで直感で使える。
・VGAの解像度でfpsはやや落ちるカクカク動画や、静止画、タイムラプスなどの撮影ができる。動画は音声も記録される。後日iPhone6で確認したところなめらかでした。やはりiPad miniのパワー不足です。
・熱赤外の見え方には数種類のエフェクトがある(今回はレインボーという種類を選んだ)
・画面の中央部には絶対温度が数値で出る。どれほど正確かは未検証。
・メニュー等に日本語対応。

さて、私がFLIR ONEを半年前から予約していたのは、毎晩帰宅後に家で行っている茶の湯(いわゆる茶道)の家稽古の様子を熱赤外カメラで撮影してみたかったからです。
茶の湯の魅力は語り出したら終わりませんが、私個人としては知人と楽しく美味しい一服の茶を楽しむことからはじまり、やはりお点前は美しくありたいものです。
本業の人工衛星でも大いに利用している重力ですが、茶の湯のお点前においても、重力を綺麗に使うという意味で、熱赤外で火・湯・水の動きが視覚的に見えれば少しでも点前・所作の改善に繋がるのではと考えました。
早速、長着の着流しで撮影してみました。風炉・薄茶・平点前です。


リンク:FLIR ONE for iOS(iPad mini) Test 茶の湯 風炉 薄茶 平点前 No2
* あまりに汚い点前でバッシングを受けそうですが、今回はFLIR ONEの動画撮影テストということで恥を承知で動画を紹介。

iPad miniのパワー不足が問題か、FPSがあまり上がらずカクカクしていて流れるように見えないですね。iPad miniではなく、私の点前がカクカクでダメなのかも(笑)

<まとめ>
・FLIR ONEは実に面白いです。私は茶の湯の稽古用に求めましたが、FLIR ONEの公式サイトにあるように配管チェックなどの非破壊検査や、自転車などのパワートレーニングの様子等使い方はかなりありそうです。
・差し込んで、アプリをダウンロードして起動するだけですぐ使えるので簡単でした。
・多少FPSが低くカクカク動画ですが、もうちょっとCPUパワーのある端末でいずれテストしてみようと思います。後日iPhone6で確認したところなめらかでした。やはりiPad miniのパワー不足です。

Google Photosの無料・無制限ストレージにおけるGoogleの画像解析・収集戦略について

Google Photosという「無料・容量無制限ストレージ」のサービスが開始されました。
写真好きというのもあり、少し試したところ気が付いた事がありました。Googleがなぜ無料・無制限に踏み切ったかについて私なりの思うことを書いておきます。
多くの方が(無意識のウチに)使って行くでしょうから、長文ではございますが使用前に一考くだされ。(長文なので結論を先に書くと安易に使うのは危険です)

iCloud, Google Drive, DropBox, One Driveとクラウドストレージ(ネットワークストレージ)の低価格競争(容量増大競争)は近年顕著であり、シェアを落としてきた会社が容量増大・値下げるという形を繰り返してきました。
今日Googleが発表したのは、1600万画素以下の画像・1080p以下の動画であれば容量無制限・無料で使えるというサービスです。各社のニュースメディアを見ると、「iCloudとのガチンコバトルになる」などの内容が多く、この無料・無制限の意味をあまり書いている記事は少ない様です。

早速、私も使ってみました。写真好きの私から見ると、この1600万画素以下の画像という部分がひっかかり、私の画像を実際にアップした時に適切に自前で縮小してからアップすれば、`その画像が改変(再圧縮劣化)されることなく`アップされるのか確認したかったからです。普段私がブログなりに載せている写真は、構図などのセンスは無いものの、`常に高画質`というのはこだわりを持ってアップしています。そこで私の写真・画像が改変(劣化)されることなくアップされ、それが容量無制限・無料であれば、写真のバックアップに使えるかなと考えた為です。

1600万画素以下ということと、現状の4K(4K DCI)などの状況を見て、解像度を4096x2730pxのJPEG画像(この記事に貼ってある小石川後楽園の青楓写真)を元画像とします。RAW画像から、この4096×2730にPhotoshopで縮小し、JPEG圧縮時の品質を10, 8, 6, 4, 2, 0と6種類の圧縮率(数値が下がると圧縮率があがりファイルサイズが小さくなるが劣化が顕著になる)でJPEG画像を生成し、Google Photosにアップしてみました。Googleの発表の`1600万画素以下`という条件は曖昧ですが、この解像度であれば1100万画素相当なので条件は満たしているはずです。アップ後に、ダウンロードをして、画像の前後を比較してみました。

20150524_korakuen1_2048

<元画像> → <後画像>
Q10 : 5.6Mbytes -> 3.8Mbytes
Q8 : 3.2Mbytes -> 3.8Mbytes
Q6 : 2.4Mbytes -> 3.6Mbytes
Q4 : 1.6Mbytes -> 3.0Mbytes
Q2 : 1.3Mbytes -> 2.7Mbytes
Q0 : 0.87Mbyte -> 2.2Mbytes
* EXIF(撮影時間・カメラ機種・撮影条件等は変更なし。ただし、イメージIDという情報が追記されている)

これを見て分かることは
1)1600万画素のいかなる画像でも、そのままアップされることがなくGoogleの画像処理が入る。
2)Q6, Q8, Q10の実用的圧縮度で比較すると元画像のサイズの違いにもかかわらず後画像はほぼ3.8Mbytesになっているため、Googleサイドで単純に開いて、再圧縮を掛けたわけではない。つまり画像を一度展開し(ビットマップ化し)、何らかの画像処理を加え(?)、EXIFに情報を追加し、Googleの基準でJPEG圧縮基準で再圧縮をしているので、Q6,Q8,Q10の様な元画像のサイズがこれだけ変わっても後画像がほぼ同じサイズになるのかと考えられます。
3)元画像よりも後画像の方が必ずファイルサイズが大きい。つまり画像展開時に何らかの画像処理(顔検出、画像処理、GPS位置データを使った処理)などを行い、その処理結果のパラメータを埋め込んでいる可能性がある。

つまり私が今回調査しようとした`事前に1600万画素以下に縮小しておけば、そのままアップされるわけではない(改変される)`ということが分かっただけではなく、その画像サイズの不可解な変化により、Googleが何らかの画像解析をしているのが予想されます。

要するにGoogleは`1600万画素を越える大きな画像をそのまま人類全体でアップされたらストレージがパンクしてしまうので、アップロード時に縮小して再圧縮をしている`だけではなく、アップロードのタイミングで、何らかの画像処理をして将来の画像・動画ビックデータとしてアーカイブしてくつもりというのが読み取れます。

つまりGoogleは、無料・無制限という設備投資的にはストレージを常に拡張しなければならないという経費を考えても、人類全体で写真をアップしてもらい、その都度画像処理を含めてアーカイブしていくことは将来的な画像ベースのビックデータビジネスに使えると判断したのでしょう。

Googleは、先日ワシントン大学との共同研究で、クラウド上の画像(とその中のGPS撮影地点データ)から自動で解析し、一つのビルが完成するTime Lapse動画を自動生成する技術を発表しました。
つまり、たとえばAndroidスマホで、お子様の写真を生まれてからずっと撮り続け、Google Photosにアップしていくとします。その度に、顔認識解析されてゆきます。きっと、何年後かに自分のGoogle Photosの画像から、特定の人物の顔写真の成長がわかるTime Lapse動画生成技術を発表するでしょう。
そうやって顔解析をされ続けて育った子供が、将来Googleに就職面接に行く時に、面接官は手元の端末で、その子が生まれ育った環境、成長等が全部こっそり見ながら面接しているなんてことも普通にあるわけです。
もちろん今までのPicasa, Google Drive, Google+の画像も同じような画像処理をしていた可能性は高いです。InstagramやFacebookも同様です。しかし、今回、無料・無制限という梶を切ったことで、全世界のAndroid、Googleユーザーが無料ということに飛びつき、どんどん画像をアップし、そのままGoogleに解析されながらアーカイブされていくモデルは容易に予想が付きます。

今回、Photoshopで1600万画素以下に自前で縮小し、その画像が一切改変されずにアップされていたら、私も使おうかなと思いましたが、今回の簡単のテストでいかなる画像も一度Googleの検疫を受けることがわかったので、少し使い方は考慮がいるのかなと思いました。とはいえ、私の風景画像なんぞ、いくら解析されても良いので、部屋にある個人管理のNAS(ローカルストレージ)が万が一壊れて今までの何十万枚の写真が失われるリスクと、内容が解析されてGoogleの将来ビジネスに使われるのとどちらが良いかはトレードオフですね。
今回の発表で多くの方が無意識で使い始めることになると思いますが、うがった見方をすれば、こういうこともあり得ますのでちょいと書いておきました。

(追記):今見てみると既にもういろいろな解析ははじまっていて、私がアップした数点の写真は、画像から場所が特定されていました(たとえば、金沢、京都、横浜、仙北市など・・・)これはもう止められるレベルでもないですな(^^) 既に画像から場所を特定できるようです。おそらくPCからアップされる`ただの`画像より、GPSとGyroで位置・撮影方向などのメタデータが付加されたスマホの画像こそビックデータとしてはおいしいデータとなりますね。

(追記:2015/06/05) AppleのクックCEO、「ユーザーの情報をマネタイズするのは間違っている」@ ITmedia ニュース
クックCEOは、Googleが無料化・無制限化しても画像・動画の解析・アーカイブ化・ビックデータ化で将来収益が見込める(マネタイズ)と考えたのに対して、Appleは間違っていると明言。(こうやって白黒つけてはいけませんが、プライバシーの考え方には違いがありそうですね)

(279日ぶりに)足の小指を三脚に激しくヒット!

今朝、朝トレの為に起床しストレッチをして準備をしているときに、激しく扉の角に左の足の小指をヒットしました。痛てて。流血はしなかったのですが、かなり痛くて(またちょいと右足首の痛みもあったので)朝トレは中止に。今もちょいと腫れ気味。

というわけで、久々に足の小指ヒットデータベースを更新。279日ぶり。このブログで何度も紹介しておりますが、私は2004年7月14日以降、足の小指を激しくヒットしたのをカウントしデータベース化しています。いよいよ記録開始してから11年目になりますね。

最新足の小指ヒットデータベース
・2015/1/19 朝トレ出発前の準備時に、部屋を区切る扉の角に左足の子指を激しくヒット(NEW!)
・2014/4/15 朝、大型`三脚の足`に左足子指を激しくヒット
・2012/11/21 朝、自宅の風呂場に入る段差に左足を激しくヒット(歩くと痛む・・)
・2011/3/31 オフィスで物を運んでいるときに棚に右脚を激しくヒット(流血手前)
・2007/12/26 自宅のリビングからバスルームに移動するエリアで右足小指を激しくヒット(流血)
・2006/08/20自宅のキッチンからリビングに移るエリアで右足小指を激しくヒット
・2005/11/04 研究室で重い机の足に右小指を激しくヒット
・2005/07/14 研究室で扉に足の小指激しくヒット
・2005/03/02研究室(実験室)で先輩の実験装置の角に右の小指激しくヒット
・2004/07/14 研究室のシンクの角に右の小指激しくヒット

現在のヒット率:10 / (40 * (365 * 10.545)) = 0.0065%

もうヒット率は限りなく0に近いです。なぜデータベースを残しているのかは、最初の記事”足の小指激しくヒット平穏術”を参照頂きたいのですが、要するに泣きそうになる位痛い足の小指のヒットを、”ああ、この柱にいつも小指をぶつける”とか思うのではなく、どのくらいの確率で足の小指をヒットしているかを定量的に評価して、いかに小指のヒットが希有であるかに驚き、むしろ痛みを有り難く思うという現実逃避プロジェクトです。まぁ、結局痛いんですけどね(笑)

占いも当たったときだけ覚えていて、連戦連敗している外れた占いは覚えていないのと一緒ですね。

201312_kozanji1200
おっちょこちょいっぷりといえばと思い出し、以前高山寺で撮ってきた鳥獣戯画(国宝)を。