カテゴリー別アーカイブ: 音楽

Jean-Yves Thibaudet ピアノ・リサイタル@紀尾井ホール

仕事と仕事の合間に、叔母さんとピアノのコンサートに行ってきた。先日行ったのと同じ、四谷近くにある紀尾井ホール。今回のピアニストは、フランス人のジャン=イヴ・ティボーデ(Jean-Yves Thibaudet)というイケメンの男性ピアニストだった。何度かこのブログでも書いているように最近のピアニストには大変疎く、全く知らないピアニストであった。しかし多くの若い女性がスタンディング・オヴェーションで迎えていたところを見るとおそらく有名なピアニストなのであろうと思う。

曲目は
・ドビュッシー 前奏曲集第2集 Claude Debussy : Preludes Book2
・シューマン アラベスク Robert Schumann : Arabesque
・シューマン 交響的練習曲 Robert Schumann : Symphonic Etude
アンコール
・シューラ・チェルカスキーの若い頃の曲
・ショパン 夜想曲 Op.9-2
・サティ ジムノペディ

という曲目であった。先日の時も思ったが、やはり紀尾井ホールは響きが良くない。私の耳が減衰しているのかもしれないが、どうも生の臨場感が薄い。とりあえずホールの響きはおいておいて、肝心の演奏であるが大きな体からは想像できないほど、繊細な音を表現できるピアニストだと思った。交響的練習曲なんかは、かなり強い音の部分があるが、そのあたりはもちろん力強く、最後のジムノペディなんかは、本当に消えてしまいそうな、それでいて不安定ではない綺麗なピアニッシモなども豊かに表現していた。

会議を途中で抜け出し、2時間だけ聞いてまた戻るというバタバタなコンサートであったが、やはり生のピアノを聞くのはとてもリラックスでき、無理してでも行って良かった。また、最近家のオーディオをいろいろ調整しているが、ライブを聴くと、家のセッティングが過剰になっているのではないかと考えさせられた。もしかしたら響きがイマイチと感じたのも、家の音響を攻めすぎているのかもしれないなと思った。そういう意味でも今夜のコンサートは収穫が多かった。

Fazil Sayのコンサート@紀尾井ホール

叔母から誘われFazil Say(ファジル・サイ)というピアニストのコンサートに行ってきた。

ファジル・サイ fazil say
「シャコンヌ」~サイ・プレイズ・クラシック~
7月9日(月)19時開演 紀尾井ホール
J.S. バッハ・ブゾーニ編曲:シャコンヌ BWV1004
ハイドン:ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.XVI-35
モーツァルト:「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲ハ長調 K.265(きらきら星変奏曲)
ベートーヴェン:
・ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 Op.31-2 テンペスト
・ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 Op.57 熱情
アンコール:
ファジル・サイ:Black Earth
他・・・

http://www.avexnet.or.jp/classics/artist/fazil/

私の好きなバッハ作曲・ブゾーニ編曲のシャコンヌを演奏するということで、とても楽しみにしていた。ファジル・サイというピアニストは、トルコ出身で、いわゆるクラシックピアノだけでなく、Jazz風に弾いてみたり、自身の曲を演奏するなり、いってみれば現代風(?)の演奏家のようである。Avexがエージェントになっているらしく、MAX松浦氏の花束が置いてあり、マークパンサー氏を始め芸能人も何人か聴いていたようだ。

さて、演奏の感想であるが、このブログでも紹介しているようにアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリのシャコンヌを聴きまくっているため、どうしてもシャコンヌに関しては比較して聴いてしまう傾向が自分の中にある。しかし今回の演奏は何とも比較が難しかった。1曲目のためかミスタッチがかなり目立ち、それが解釈なのかミスタッチなのかどうにも判断が難しくなんとも言えない感想というのが本音のところである。アルフレッド・コルトーディヌ・リパッティなどをこよなく愛しているため、ミスタッチはあまり気にしない性格なのだが、今回のシャコンヌばかりはどうしても気になってしまった。2曲目以降、特に公演後半では極めてテクニックフルな演奏だったので、最後の方でシャコンヌを是非聴きたかった。

さてアンコールに、ファジル・サイ自身の作曲した[Black Earth]という曲が演奏された。ピアノの弦を手で押さえて打鍵することで、トルコ音楽風?の楽器のような音を出したり、いろいろ独創的な曲であった。

Black Earth @ Youtube.

本当に久しぶりの紀尾井ホールでのコンサートだった。昔はすばらしいホールだなぁ・・・と思った記憶があるが、昨日はあまり良いホールだと感じなかった。ピアノの正面に座っているにも関わらずあまり響きが良くない。海外の歴史のあるコンサートホールなどと比べると何とも現代建築技術を使って作ったという感じでエレガントさを感じない。休憩中のカフェも2Fで足の悪い叔母には結構つらい構造で、その辺もイマイチという感じであった。

平日2時間くらいこうやってクラシックを聴きに行くのはとても気分が良いもので、リラックスした良い時間を過ごせた。

Robert Casadesus’ Mozart Piano Concertos

少し前のエントリー(Michelangeli’s Mozart Piano Concertos Nos.20 & 25)を書いて以来、クラシック熱が数年ぶりに再燃している。このGWもプログラム三昧であったが、プログラミングという退屈な時間もクラシックにより随分満たされた。何せこの5,6年クラシックのCDを追っかけていなかったものだから、Amazon, HMVのウェブサイトを見ているだけでもワクワクする(残念ながら大きなCDショップには行っていない)。その中から見つけたCDを紹介。クラシックに興味がなければ、極めて退屈なエントリーである。

619.jpg
ピアノ協奏曲選集 カサドシュ、セル&クリーヴランド管、コロンビア響(3CD)@HMV

なんというのか、こんな名盤がCD化されているとは・・・といった感じである。モーツァルトのピアノ協奏曲は個人的にかなり好きな曲集で、ベタではあるが特に20番台は特に好んで聞いている。クララ・ハスキル、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリなどのマエストロも大好きであるが、何せ高校の時にもっとも聞き込んだのは、ロベール・カザドシュ(Robert Casaadesus)である。高校の担任から借りたLP盤をカセットテープにダビングしてエンドレスに聞きまくった。大学のために上京後、このLP盤がCD化されないかいつもお店を見回っていた。そして、どうやら昨年2006年9月20日にCD化されたようである。いやはや、この50年前の名演を2006年という最近になってCD化されたことは何とも嬉しい限りである。

カザドシュに関しては、極めて詳しい方がウェブなどで公開されているのでそちらに譲りたい(下手な事を書いて恥をかきたくない(笑))

Robert Casadesus

ロベール・カサドシュ – Wikipedia

上記の3枚組CDには、モーツァルトのピアノ協奏曲として、21,22,23,24番が入っている。私の記憶では25番は録音されておらず(あるかもしれない・・)。26番(戴冠式)、27番は、

Piano Concerto.24, 27: Casadesus(P), Sezll, Barbirolli / Nyp

ピアノ協奏曲第21番、第26番 カサドシュ(p)セル&クリーヴランド管、コロンビア響

この2枚を別に買えばCDで聞くことができる。それにしても1枚800円とかいう値段は、消費者にとっては喜ばしいものだが、あの名演が安すぎる!という悲しい気持ちも湧いてくる。ハスキルのような優しい、女性らしいピアノではなく、ミケランジェリのような鋭く繊細なピアノではなく、堅実、実直なしっかりとしたカサドシュのピアノも是非聴いて欲しい。

また、オーマンディ指揮による協奏曲選集もあるようだ

モーツァルト:ピアノ協奏曲選集
ジョージ・セル指揮のものしか聴いたことがなかったので、近々聴いてみようと思っている。