カテゴリー別アーカイブ: 音楽

手嶌葵の恐ろしく録音クオリティが高いアルバム”The Rose”

ジブリのゲド戦記の主題歌で有名になった手嶌葵が、洋楽の有名な映画曲だけを集めた”The Rose”という素敵なアルバムを発売していました。

手嶌葵”The Rose”
手嶌葵”The Rose ~I Love Cinemas~”  @ Amazon.co.jp

視聴は、iTunes Storeで全曲聴くことができます。
手嶌 葵 - The Rose - I Love Cinemas -  @ iTunes Store (クリックするとiTunesが起動します)

1. The Rose(1979/米 映画「ローズ」より) 
2. Moon River(1961/米 映画「ティファニーで朝食を」より) 
3. Calling you(1987/西独 映画「バグダッド・カフェ」より) 
4. Raindrops Keep Falling On My Head(1969/米 映画「明日に向って撃て!」より) 
5. Over the rainbow(1939/米 映画「オズの魔法使」より) 
6. Beauty And The Beast(1991/米 映画「美女と野獣」より) 
7. What Is A Youth?(1968/英・伊 映画「ロミオとジュリエット」より) 
8. Alfie(1966/英 映画「アルフィー」より) 
9. The Rose(extra ver.) 

一度は耳にしたことがある曲ばかりではないでしょうか?個人的にはThe RoseやOver the rainbowが好きなので最近何度も聞いています。

このアルバムの注目点は曲目ではなく、恐ろしいほど高音質な録音レベルです。元々歌唱力がある手嶌さんの歌声を、素晴らしい録音で記録してあるため、オーディオをそれなりに凝っている方達は是非聞いてもらいたいと思います。目の前で歌っている・演奏している感はばっちりですし、ギターの弦が弾けて振動(音ではなく)しているような所までハッキリ聞こえます。

興味がありましたら私のスピーカーでお聴かせしますので、遊びに来て下さい。大変素晴らしい歌声でびびびびびびと来ます。超お勧めのアルバムです。藤田恵美の”camomile Best Audio “も大変話題になっており、素晴らしいアルバムだと思いますが、個人的にはこの手嶌さんのアルバムの録音クオリティは相当素晴らしいと思っています。

歌唱力に関しては、もう少しお歳を重ねて渋みが加わってくれば、私の大好きなTierney Suttonさんくらいのレベルに到達してくれるのではないかなんて期待しています。日本人でもグラミーのJazz部門に引っかかるくらいの歌唱力のある人が出てきてくれると良いですね!(あくまで個人的な意見です)

ブーニンコンサート@サントリーホール

11月18日(日)サントリーホールで行われたブーニンのピアノコンサートに行ってきました。
考えてみればサントリーホールは改修後初めて訪れました。どこが改修されたかわかりませんが、やはり紀尾井ホールなどに比べれば響きが良いホールであると感じました。

さて曲目。

J.S.バッハ=W.ケンプ:目覚めよと呼ぶ声あり BWV645
ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番ハ短調「悲愴」Op.13
シューマン:アラベスク Op.13
ベートーヴェン:ピアノソナタ第17番ニ短調「テンペスト」Op.31
ショパン:舟歌 Op.60
(アンコール)ショパン、マズルカとワルツ(?)かな。

最初は固い演奏でしたが、休憩を挟んだテンペストあたりからとても良い運指になってきました(失礼ですが)。ベートーヴェンのソナタも素敵でしたが、やはりショパンコンクール優勝者だけあって、舟歌とアンコールのショパンの2曲はとても素晴らしかったです。ブーニンを聞いたのはおそらく7,8年ぶりかと思います。前回はあまり気にならなかったのですが、今回ペダリング時に床を蹴る動作が多く、結構耳に付きました。ああいう弾き方と言えばそれきりですが、もう少し抑えても良いのかなと思いました。ピアニッシモにあたりの表現はさすがといった感じです。S席でアリーナ席だったのですが、位置がピアノに対して左側でしたので、音響的には若干不利な場所でした。一方で久しぶりに聞いたスタインウェイはやはり素晴らしい音がしました。音の周波数でいうと、テンペスト3楽章あたり結構40Hz付近の音が出ているように感じました。スピーカーセッティングの参考になりそうです。

さて、2時間の演奏を聴いている時にクラシック音楽についていろいろ考えていました。クラシック音楽は人類にとってのある意味究極のディジタルデータかなと思いました。私などスピーカーを作ったりするのを楽しんでいる人間としては、CDなどのディジタルデータをいかに信号のまま部屋に再現するかを目指してスピーカーを調整しているわけです。今は、マイク技術も録音技術も発展しているため、ピアニストなりアーチストの出した音を保存することができるわけですが、ベートーヴェンを始めクラシックの作曲家たちは、音ではなく楽譜というディジタルフォーマット(音が劣化しないという意味でのディジタルと表現する)で数百年を超えて音を残している訳です。今回のブーニンももちろんべートーヴェンを会ったことはありませんから、ベートーヴェンの曲に込めた思いは、楽譜というデータ以上には存在しないわけです。その解釈の違いとテクニックで現代まで演奏され音になっているわけですから、クラシック音楽はディジタルデータかなと思ったわけです。ベートーヴェンが300年後の年末に毎年第9が世界中で歌われていることを予期したかわかりませんが、今後も残っていくだろう人類のディジタルデータであるクラシック音楽をこれからも楽しんでいこうと思いました。

シンガポールの歌姫 Corrinne May (コリン・メイ)

最近、家で聴くことが多いのは歌唱力のある女性Vocalの曲である。クラシックはちょっと前のエントリーで書いたようにこの数年は随分聴かなくなってしまった。クラシックの曲はほとんどの曲は聴いたし、好きなマエストロほど録音数が少なく、聴く数も有限でとりあえずの目処は付いてしまった。そこで最近はもっぱらJazz Vocalをはじめとした歌唱力があり、録音が良いCDばかり聴いている。

この半年は基本的にSACD(Super Audio CD)のソフトのみ購入してきた。SACDはWikipediaのリンク先などでも紹介されているように、100kHzを超える周波数領域、120dBを理論上超えるダイナミックレンジで録音できるフォーマットである。このSACDを再生するにはSACDプレーヤーが必要なのであるが、所有しているPlayStation3が再生できるため、最近はSACDを中心に購入している。

SACDに記録されている周波数領域は人間が聞こえる可聴領域を裕に超えており本当にここまでのスペックが必要であるか議論が分かれているが、私もCDとの違いを”希”に感じることはある。SACDは、CDとの互換を保つために同じディスクにSACD層とCD層をハイブリッドで構成されていることが多く、SACDとCDとの差を同じデータソースで比較することができる。世の中のブログでSACDの音質は明確に違いがあり圧倒的という記事をよく見かけるが、本音を言って私はそれほど違いを明確に聞き分けることはできないようだ。私が違いを感じるのは、可聴域以外に大幅に伸びた周波数領域よりも、ダイナミックレンジの広さで少し違うかなと思う事がある。歌唱力のあるVocalの延ばす部分などでCDでは破綻気味の部分も、SACDでは持ちこたえるような場合がたまにある。このあたりでSACDはまぁ良いかなという印象である。私がSACDを中心に購入しているのは、そのダイナミックレンジの拡大もそうなのであるが、一番には”SACDで出すアーチストはそれなりに歌唱力(録音)に自信がある”ということである。私の耳はともかく、徹底的に微細な変化を聞き分けられるオーディオマニアに対してSACD録音でヘボイ録音なぞ厳禁である。そういう意味でSACDで収録されたCDは概して良い録音が多い。

ここまで書いて今回のエントリーはSACDではなく、Corrinne Mayのタイトルにしたことを思い出した。女性Jazz Vocalを中心にSACDの録音を探し歩いている時に、シンガポールの歌姫と呼ばれているOlivia Ongという女性Vocalistを知った。ヴォサノヴァを中心に歌っている女性であり、とてもハスキーヴォイスですばらしい歌唱力である。そのOliviaを調べていたところ、多くのコメントで、”Corrinne Mayと同じレーヴェルに所属し・・”という文章を見かけた。Oliviaもすばらしいが同じレーヴェルのCorrinne Mayという女性Vocalistがとても素晴らしいということだった。

SACDの話をこれだけ解説しておきながら、Corrinne MayはSACDでの録音は発表していない。一方でiTunes Storeで公開されているので気軽に試聴することができる。

Corrinne May @ iTunes Store ←iTunesをインストールしている方はクリックすると勝手に立ち上がります。

Fly Awayなどの曲を中心に人気があるようだ。興味があればクリックして聴いてみてください。私もとても歌唱力があり綺麗な歌声であるため、最近良く聴いている。外国人Vocalistを聴くと思うのが、日本人は女性も含めてなんであんなに音程が狭くて低いのかが疑問に思う。圧倒的な歌唱力の差を聞かされると日本人という人種が問題じゃなくて、母音が5つしかない日本語に問題があるのではと勝手に思ってしまう。最近は海外育ちの日本人アーチストが多いので少し調べてみればわかるかもしれないなと思った。ちなみにCorrinne Mayは土曜日に渋谷のタワレコでライヴを行っている。

さて、Corrinne Mayの他には、先ほどのOlivia Ong, Diana Krall, Jennifer Warnes, Eden Atwood, Shirley Horn, Natalie Cole, Tierney Sutton, Ella Fitzgerald, Dianne Reeves, TiffanyなどをSACDで聴いている。同じような歌唱力が高い女性Vocalistをご存じでしたら是非ご紹介ください。