カテゴリー別アーカイブ: 花鳥風月

Sony α6500 朝焼け4K動画テスト

Sony α6500 (a6500 : ILCE-6500)を導入してから約3週間経ちました。私の場合はやはり静止画がメインなので、RAW現像フローの確立に未だ四苦八苦しており、Canon DPPの様に上手くコントロールできていませんが、大方自己流のフローは出来てきました。
α6500に移行した理由の一つとして、4K動画を撮ってみたかったというのがありますので、静止画テストを兼ねてたまに動画撮影もしています。動画はズブの素人で全く分かりません。とりあえず4K XAVC 100Mbpsの最高ビットレートで保存しYoutubeに4K解像度でアップしてみるところから始めました。

Adobe Creative Cloudはフォトプランに入っているためPhotoshop, Bridge, Lightroomは最新版を持っているのですが、動画編集のAfter Effects, Premiere Proは昔購入したCS5しか手元にありません。4Kコンテンツを古いAfter Effectsで扱うのはプロファイル的に上手く動かず、とりあえずPremiere Pro CS5だけで何とか扱っています。

冬期になり関東平野の晴天率が上がってきました。朝トレ時期の朝焼けは連日綺麗でトレーニングも気持ちが良いです。冬至の日に浅草周辺からスカイツリーをバックに、そして昨日は荒川CR(河口付近)より朝焼けを撮影してきました。


https://www.youtube.com/watch?v=GDAyP_0e9zc
朝焼け4K動画テスト

– Sony a6500 (4K : 24fps/30fps : 100Mbps) + SEL1018 (E10-18mm F4 OSS) + CC-M30 : 三脚固定
– Premiere Pro CS5で動画結合および音声割り付け

マシンパワーは要りそうですがS-Log記録もできるとのことなので少し勉強してみたいと思います。本業で衛星画像を散々1bit単位で処理・解析しているので、動画のslogなりLUTなりのダイナミックレンジをできるだけ使おうとする工夫は調べていて興味深いです。

さて、静止画も数枚載せておきます。朝焼けの強烈なグラデーションを破綻することなく、そして低ノイズで現像することが難しく苦戦しています。RAW現像ソフトも固まっておらずSony IDC, Photoshop(Lightroom)のCamera RAW, Capture Oneを行ったり来たりしていますが、多少UI/UXに難があっても出してくる絵はやはり純正IDCが良い感じです。私の現像フローが未熟なのかもしれませんが、朝焼けの様な強い逆光+グラデーションの被写体におけるISO100の画質(特に色ノイズ)がどうもイマイチで、古いCanonユーザーから見るとEOSは良く写ったなぁと思います。本音を言うと3年前に一時導入したSony α7Rを手放したのは、ISO100の画質に不満があったからでした。フィルム時代からの感覚が抜けていない古い人間なので、ISO800以上とかの高感度の改善とか全く必要はなく、ISO100~ISO400だけを完璧に出し切ったカメラを作って貰いたいと常に思います。この辺りはCanon/Nikonのカメラはきっちりまとまってくるんですよね。Sonyと比較すると、やはりCanonのDPPが安定して安心して使えたのが大きかった気がします。RAW + JPEGで撮影し、後でRAWをDPPで現像すると同時撮影のJPEGを完全に(それ以上に)再現できる安心感がありました。Sony IDCもさすがの純正で一番良い絵を出しますが、今のところRAW + JPEG同時撮影のJPEGをRAW + Sony IDCで再現ができず困っています。知人に言わせるとFuji Xシリーズもカメラ内JPEGが良いとのこと。メーカーの考え方もあるのかもしれませんが、私としては、ゆっくり抹茶を飲みながら、PCでRAWを高精度・高再現度で現像できるっていうのは必須だと思うので、この辺りはCanon DPP + DLOの安定感は抜群だと思います。とはいえ、私の現像テクニックが未熟であることが問題だと思うので、Sonyの現像フローを早く確立させたいと思います。

上記はRAW現像に限った話ですが、それ以外のα6500の3週間使った感想は概ね良好です。ボディ・レンズも許容範囲内の軽さで、MC-11経由のAFは快適だし、パシャパシャ撮れるし、4K動画は綺麗に撮れるし、EOS M5を見送ってα6500に移行したのは大正解でした。

Sony α6500 撮影テスト(SEL1018, MC-11 + EFレンズ) : EOS M3との比較も含む

2016/12/07:追記:記事下部に赤字で、RAW現像ソフトにより解像度が低下する事に関して追記しました。

******* 以下、本記事 **********

Sony α6500(ILCE-6500)の撮影テストをパシャパシャ行いました。ウリである4K動画などはまだテストしておらず、あくまで写真(スティル)のみ。
今までメインで使っていたCanon EOS M3との比較も含め、いろいろな被写体・条件下で撮影しました。
Eマウントレンズは、Sony SEL1018 (E 10-18mm F4)しかないので、その他はSigma MC-11のマウントアダプターを介してCanon EFレンズを試しています。

全ての写真はクリックすると元サイズ(JPEG)画像にリンクしています。EXIFも残しておりますので、参考になりましたら。
使用レンズは、主に
・Sony SEL1018
・Canon EF 35mm F1.4L USM(初代)
・Canon EF 50mm F1.4 USM
・Canon EF 85mm F1.8 USM
・Canon EF 100mm F2.8 Macro USM
・Canon EF 70-200mm F2.8L IS USM( II型ではない )
・Canon EF 24-70 F2.8L USM(初代) : 写真を掲載していないがMC-11経由のAFは良好

全てRAW撮影で、現像ソフトはα6500の場合は、Capture One for Sony (v10)、EOS M3の場合は、Canon DPP4。現像処理後、Photoshop CC(2017)に転送し処理しています(主にレベル補正・彩度調整・画像解像度(2048px縮小))

20161203_dsc00541_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF70-200mm F2.8L IS USM : F2.8, ISO400, f=200mm

20161203_dsc00333_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF70-200mm F2.8L IS USM : F2.8, ISO400, f=200mm

20161203_dsc00689_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF70-200mm F2.8L IS USM : F2.8, ISO100, f=200mm

20161203_dsc00703_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF85mm F1.8 IS USM : F1.8, ISO100, f=85mm

20161203_dsc00751_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF85mm F1.8 IS USM + ND(1/400) : F2.8, ISO100, f=85mm, 30sec

20161203_dsc00759_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF70-200mm F2.8L IS USM + ND(1/400) : F5, ISO100, f=200mm, 30sec

20161203_dsc00758_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF85mm F1.8 IS USM + ND(1/400) : F5, ISO100, f=85mm, 64sec

20161203_dsc00775_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF35mm F1.4L USM : F9, ISO100, f=35mm, 1.3sec

20161204_dsc01231_2048
Sony α6500 + SEL1018 : F5, ISO800, f=10mm, 1/20sec

20161204_dsc01292_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF50mm F1.4 USM : F2.2, ISO400, f=50mm, 1/125sec

20161204_dsc01235_2048
Sony α6500 + SEL1018 : F5, ISO500, f=18mm, 1/40sec

20161204_dsc01326_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF100mm F2.8 Macro USM w/ スピードライト: F7.1, ISO100, f=100mm(Macro), 1/60sec

20161204_img_0232_eosm3_2048
Caonn EOS M3 + EF100 F2.8L Macro USM w/ スピードライト: RAW (DPP4 + DLO) : F7.1, ISO100, f=100mm(Macro), 1/60sec

20161204_dsc01340_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF50mm F1.4 USM w/ スピードライト: F5, ISO100, f=50mm, 1/60sec

20161204_dsc01347_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF100mm F2.8 Macro USM w/ スピードライト: F6.3, ISO100, f=100mm(Macro), 1.3sec

20161204_dsc01357_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF100mm F2.8 Macro USM: F4.5, ISO100, f=100mm(Macro), 1/3sec

20161204_dsc01365_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF100mm F2.8 Macro USM: F4.5, ISO100, f=100mm(Macro), 0.63sec

20161204_dsc01374_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF100mm F2.8 Macro USM: F8, ISO100, f=100mm(Macro), 4sec

20161204_dsc01394_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF85mm F1.8 IS USM : F1.8, ISO100, f=85mm, 1/40sec

20161204_dsc01412_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF85mm F1.8 IS USM w/ スピードライト: F6.3, ISO100, f=85mm, 1/60sec

20161204_dsc01421_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF50mm F1.4 USM: F5.6, ISO100, f=50mm, 1/2sec

20161204_dsc00186_2048
Sony α6500 + MC-11 + EF50mm F1.4 USM w/ スピードライト: F3.2, ISO100, f=50mm, 1/60sec

20161207_dsc01594_idc_2048
Sony α6500 + SEL1018 : F8, ISO100, 20sec (IDC現像)

20161204_img_0168_2048
Canon EOS M3 + EF-M 11-22mm : F7.1, ISO100, f=11mm

********* 現時点での感想 *************

1) MC-11を介したEFレンズの合焦速度は良好です。少なくともEOS M3では体験したことない速度で合焦します。α7R時代にマウントアダプターを使ってEFレンズを使っていました(参考 Youtube 動画: https://www.youtube.com/watch?v=WY3hWmIlA3g)があの頃とは別次元の速度です。α7Rの頃は遅くて話しになりませんでしたが、もう十分に実用レベルで(持ってはおりませんが)EOS M5よりも速いと思います。この辺りはSonyのミラーレスにおけるAF技術の底力ですね。一方で、EF70-200mmなど途中でAFが効かなくなる事が2~3回ありました。その場合は、レンズをマウントから外すなりα6500の電源を入れ直すなりで復帰しましたが、そもそもMC-11は、Canon EFレンズは公式にサポートしておりませんので、こういうことがあったことを記載しておきます(あくまで自己責任で)

2) AFの食いつきの速さと、バッファメモリの多量搭載により撮影は極めて快適です。もう指での連写なら全く待つこと無くずっと連写できます。EOS M3などでは1枚1枚がそもそも待たされますし、連写は数枚でメモリカード記録で待たされましたが、こういった面での6500のレスポンスの良さは本当に気持ちが良いですね。バシャバシャ撮れるとはこういうことです。素晴らしい。

3) MC-11経由のEFレンズの画質に関しては、上記の下手くそな写真をご覧になって判断ください。私の中では、EOS M3と遜色なく、画質面では実用レベルだなと考えております。一方で、Canon DPPのDLO(ディジタルレンズオプティマイザ)が掛けられないのは痛手です。EOS MはDLOがあったことで、システム全体のフローを通して高画質をキープしておりました。これが使えないのは残念ですが、無料でつかえるCapture One for Sonyのレンズ補正データは使えます(下の画像を参照)。Canonの主なレンズは殆ど登録されていますので、DLO程効果はありませんが、ヴィネット(周辺減光)補正程度は改善できます。

4) Capture One for Sonyが結構使いやすくて、α6500の後処理フローとしてCapture One -> Photoshop CCの連携でやっていけそうです。DPP4に比べて、Photoshopへの転送が速いので作業が捗ります。(DPP4の転送は遅すぎる)。またfor Sonyというだけあり、SEL1018は自動でレンズを認識してレンズ補正が掛かります。

5) 若洲のゲートブリッジの超広角対決でいろいろな条件で撮影比較しました(α6500 + SEL1018 VS EOS M3 EF-M 11-22mm)。とにかく感じたのは、流石後発レンズだけあり、EF-M 11-22mmの性能は(分かっていたけど)高画質です。EOS Mシリーズ + EF-M 11-22mm + DPP(DLO補正)は小型・軽量・安価・高画質で女性も含め鉄板旅カメラとして良いと再認識しました。本当に良いレンズです。さて、Sony SEL1018は、まだまだ特性を掴めていませんが、若干色収差が多いのとシャープネスに甘さがあります。一方で上で貼ったように2048px程度に縮小すれば問題ないレベルですし、そもそも35mm換算でf=15mm程度の超広角はとても強烈です(EOS Mの場合は11mm側での換算で18mm)。広角側での3mmは実に大きく、パースの効いた写真が撮れそうです。SEL1018では、F5, F5.6位でシャープさのピークを迎えるようで、風景だとF8くらいまで絞りたくなりますが、気をつけたいところです。あと気が付いたところとして、SEL1018の10mm側でマニュアルフォーカスは、拡大しても「あわせられません」でした。ピントの山が掴めず断念しました。
2016/12/07追記:その後の調査で、現時点でCapture One for SonyでRAW現像すると、SEL1018の解像度が極めて甘くなるのがわかりました。別記事を参照ください → Sony α6500はRAW現像ソフトに注意が必要(解像度低下のおそれ)

6) 外で太陽が明るい場所において、EOS M3の背面液晶が見やすいと分かりました。ずっとEVFがないカメラ生活をしていて、たまに「外でEVFないと辛くない?」って聞かれた事があったのですがその理由がわかりました。Canonの背面液晶はとても見やすい。背面液晶の見やすさって、カタログスペックではでてきませんが、この部分はEOS Mシリーズは良い感じです。α6500はEVFがあるので覗けば大丈夫です。意外なところが気が付きました。

7) バッテリーの減りは結構激しいですね。旅に出る場合は、予備バッテリーは、ACコンセント充電器含めて必要かなという印象です(個人的な感覚で)。USBモバイルブースターで充電できるのは便利ですが、その状態で撮影は難しいのでどうするべきか。カフェとか休んだ時にすぐに充電するとか・・。

8) 5秒のセルフタイマーと調光補正があるのは便利でした。2秒のセルフタイマー(EOS M3)はちょいと短いのですよね(シャッター押しの振動が残る)。

9) ヒストグラムと電子水準器が同時に見られるDISPが有ればなお良しですが、これはゼブラ機能で代用可能かなと思いました。

10) 各方面(笑)で話題になっている、EVF覗きながらのAF枠をタッチパネルで移動させる機能について。まず、この機能が「あることが」相当に快適です。AF枠移動モードにしてボタンでポチポチしているのから比べると大幅に効率的です。懸案の指の動きに対するレスポンスですが、確かに私も遅いと思いました。ただ、先述のとおり、この機能があることがそもそもかなり有り難いので十分に使えるレベルだと思います。一方で、EVFを使わず背面液晶で撮影(私はEOS M生活が長いのでこのスタイルが多い)する場合は、タッチしてAF枠がその場所に移動して撮影できるのでEOS M同様に快適に撮影できます。この機能はミラーレスである限り必須ですね。Fuji X-T2を見送ったのもタッチパネル非搭載が一因でした。一番の要因は、X-T2でEFレンズが使えないからなんだけど(笑)

11) *留意:MC-11経由のEFレンズの使用時に、絞り(F値)を変えていった場合に、EVF, および背面液晶での被写界深度は連動(プレビュー)されないので留意が必要です(あくまで開放絞りでの表示に固定)。Canonユーザーにとっては何のことかと思うかもしれませんが、このあたりこそSonyのエレキメーカーとしてミラーレスカメラの強みです。ソニーEマウントレンズは、当然のことながら絞りに連動して、被写界が延びていくのでOVFにはないEVFの魅力を十分に発揮することができます。当然のことながらMF時にピーキング表示はできます(開放絞りでの合焦範囲にピーキング表示がされる)

12) 総評として、α6500は実に軽快なレスポンスのカメラで気持ち良く撮影ができます。MC-11を介したCanon EFレンズがα7R時代とは違い爆速で合焦することから、実用面でも(Canonレンズをお持ちの方は)魅力的なボディと言えます。α6000, 6300とフィードバックを重ねてきて、成熟ゾーンに入ってきていると思われ、現時点でこれはと思う欠点などはなく、実に総合力の高いカメラと言えると思います。EOS M5を見送りましたが、やはり違うメーカーのカメラに行くと、両社のそれぞれの良さを実感できますね(カタログスペックでは出ていないところで)。一番私が楽しみにしている4K動画はまだまだ使いこなしていないので、後日紹介したいと思いますが、スティル(静止画・写真)は自分ではとりあえず納得できるレベルまで引き出せるワークフローを確立できたのかなと思っています。方々でα6300/6500は動画カメラでありスティルはX-T2なんて書かれていますが、6500もさすがはイメージャーのソニーだけあり高画質です。実に満足行くクオリティで撮影できると思いました。2日間使っての感想なのでまた後日気が付いた事など紹介したいと思います。

captureone_canonlens
参考)Capture One for Sony (v10)のCanonレンズ補正・レンズリスト

昭和記念公園の紅葉

昭和記念公園。ものすごい人出でした。
今年の紅葉はイマイチですね。色づきもバラバラですし、楓の痛みも酷いです。
三脚を忘れ、レンズもEF-M 11-22mmと85mm F1.8(マウントアダプター経由)しか持っていかないという状態で。
液晶が割れているEOS M3と、IRカットフィルターを除去改造したEOS M(初代)の2台体制で行きました。(まともなカメラがない・・)

– EOS M3

20161120_img_5223_2048

20161120_img_5008_2048

20161120_img_5082_2048

20161120_img_5111_2048

20161120_img_5168_2048

20161120_img_5184_2048

20161120_img_5188_2048

20161120_img_5319_2048

20161120_img_5351_2048

20161120_img_5389_2048

20161120_img_5473_2048

– IRカットフィルター除去改造EOS M

20161120_img_7711_2048

20161120_img_7896_2048

20161120_img_7904_2048

20161120_img_7942_2048

20161120_img_8046_2048

20161120_img_8086_2048

20161120_img_8109_2048