カテゴリー別アーカイブ: 放射線

東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その2.5)

以前の関連記事をまずご覧ください
東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その1)
東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その2)

東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その3)

********** ”その2.5”の記事は以下より ***************

その3の記事を書こうと思っていたら、文科省から素敵なデータが公開されました。

文部科学省及び米国エネルギー省航空機による航空機モニタリング

この内容は、文部科学省と米国エネルギー省DOEが、ヘリコプターを使って福島第一原発周辺を一気に空から計測したデータを公開しています。
極めて強烈なデータであり、さすが米国といった感じです。私の車で計測したデータを無意味にする圧倒的なデータ(笑
とはいえ、今回公開されたのは5/26のデータの様で、多少データ処理と公開に時間が掛かるようですね。

私の車載計測でーたは、”リアルタイム性”と、”より細かい解像度”とうことで何とか意味があるのではと無理矢理考えています(笑

さて、今回の航空機データを、私の計測データを重ねてみました。


2011/06/11 車載ガイガー+GPS独自計測データと、5/26 (MEXT + DOE)航空機測定の重ね合わせ図。

Google Earthのプロットデータ(KML形式):Ver 1.1版。改良してゆきます。

ALLデータ:ポイントと線(表示が重い) : https://www.spacewalker.jp/rad/20110611_fukushima_radiation_all_mext_doe.kml
線データ:線のみ(軽い) : https://www.spacewalker.jp/rad/20110611_fukushima_radiation_lines_mext_doe.kml
ポイントデータ:ポイントのみ (少し軽い): https://www.spacewalker.jp/rad/20110611_fukushima_radiation_points_mext_doe.kml
(前のデータに、MEXT+DOEの航空機測定図が重なったKML)

拡大して見るとわかるのですが、かなり一致していました。特に私の計測の最大値エリア(福島県浪江町立津島中学校あたり)が強いのもちゃんと傾向が出ています。

この結果から私の簡易・安価ガイガーでも傾向を掴む上では有効と言えるのではと考えています。リアルタイム計測+より細かい計測点で、この圧倒的な情報量のヘリコプターデータに張り合ってゆきます(笑

東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その2)

前回の記事をまずご覧ください

東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その1)
東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その2.5)

東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その3)

********** ”その2”の記事は以下より ***************

その1を公開していろいろなご意見、反響を頂きました。
本当は、現地で撮ってきた写真と、計測に関する感想などをまとめたいのですが、仕事の合間にやっておりますのでもう少々時間が掛かります。
その2では、とりあえず頂いたご意見に少し反応します。

1)今回測定していない地域の方から地元を計測してほしいという要請

近日では、多くの市町村や市民団体などが独自に調査しているようですね。主にホットスポットの局所的に強い箇所を探す目的が多い様です(側溝など)。一方で私が頂いた要望は、基本的に行政がまだ細かい調査が進んでいないエリアの方からの要請です。私の装置は金も掛かっていない概算値しか出せない簡易システムではありますが、10秒毎に自動計測し、その1で示した様なマップを自動で作成するので計測は簡単で大量にデータを取得できます。その1でも留意を促しましたが、私の計測方法は、移動しながらの瞬間値を、しかも簡易ガイガーで取得しているためで誤差を多く含む可能性があります。その為何μSv/hだと数値に対して定量的な評価は少し危険です。一方で同じ車の中で同条件(地表高さなど)で同じ日に計り回れるため、少なくとも相対的な値として、他より強い(高い)場所などの特定はできるのではと考えております。車でそこら中を走り回り強い地域などが分かれば、今度はちゃんとした計測で再計測すれば良いのかなと考えています。車で走れる粒度でのホットスポットの発見などには貢献できるのではと考えています。
要請頂いた地域(宮城県仙南地域、前回の試験で行けなかった原発の北側)あたりを計測に行こうと計画中です。もう一台ガイガーを購入したので、同じシステムのクローンは作れます。別車でも計測できればと思いますが、原発が再び強い線量を拡散する可能性も0ではないため、なかなかドライブに行ってくれる人は少ないかもしれませんね(笑
私も平日は仕事で一杯ですのが、一応何か要請などがあればコメント欄などに適当にどうぞ。要望には一部しか応えられませんが、検討材料には致します。

2)Google Earthで放射線マップが見られない。

約4000点の計測点がありましたので、Google Earthでの表示はPCのパワーがある程度必要な様です。その為に、その1でも紹介しましたが、Google MapsにKMLを貼り付ける方法ですと普通のウェブブラウザ、更にiPhone, iPad, アンドロイドなどのスマホでも気軽に表示できるのでお試しください。 例として、計測の”線”だけ示した軽量の図を以下に載せます。(クリックすると拡大)

以上の2枚の図は結局Google Earthのスクリーンショットなのですが、下のリンクをクリックするとウェブブラウザ上でも同等に見られます。

<Google Maps + KML版 : ブラウザ・スマホで普通に開けます>
上記の図と同様に線だけデータ: : http://goo.gl/maps/MDsp
ポイントと線データ : http://goo.gl/maps/Y3Z7
ポイントのみのデータ: http://goo.gl/maps/nV5o

3)生データを頂けないか?(Google Earth, Maps形式ではなく)

生データを公開致します。データはGM-45のガイガー、GPSは秋月で購入したもののデータを加工することなく保存したデータです。とはいえこのデータを用いて何か二次的な問題が起こっても弊サイトでは責任を負えません。あくまでの概算値として参照頂ければと思います。測定時間、東経/緯度、cpm、μSv/h( cpmから換算したもの)、東経・経度から取得できる住所番地名

・Excel形式:https://www.spacewalker.jp/rad/20110611_Tokyo2Fukushima_rad_gps_data.xls
・CSV形式:https://www.spacewalker.jp/rad/20110611_Tokyo2Fukushima_rad_gps_data.csv

*生データを別所などで利用する際にはコメント欄にご一報頂ければと思います。
* NOD32 v4.2 (2011/06/16定義ファイルでウイルススキャン済)

4)記事:その3では?

記事その3では、以下の様な現地の写真を交えて感じたことなどをまとめます。


こんなに美しい農村風景。チャリで爆走したくなる綺麗な自然と道。素晴らしいところでした。(クリックすると拡大)
場所は、http://goo.gl/maps/qoN6 ここです。根岸というのかなこの近くの田んぼのど真ん中の交差点。線量もやや低めの地域です。
今回福島市からいわきに抜ける道はずっとこんな感じで最高の自然に囲まれた綺麗な土地でした。
ロードバイクでツーリングしたかったなぁと思いました。


その一方で現実は、災対法により立ち入り禁止の箇所がこの写真のように何カ所かあり、20km圏境には近づけませんでした。(クリックすると拡大)
何回かこのような立ち入り禁止にあい、結果的には原発から30km程度の距離以上は近づけない様子です。

その3ではこのあたりも含めもう少々詳しく紹介する予定です。

東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その1)

2011/06/16追記:本記事の”その2”を公開いたしました。以下の本文をお読みの後にご覧ください。”東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その2)”
2011/06/17追記:本記事の”その2.5”を公開しました→東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その2.5)

2011/06/29追記:新しい記事を公開しました。

東京日本橋から福島第一原発周辺まで車で放射線計測をしてきた(その3)

番外編:
・ 車載ガイガー+GPSによる東京都の放射線マップ作成(2011/06/17)

********* 以下、”その1”の本文 **********

2011年6月11日(土曜日)に、車にガイガーカウンター(米国BCS社GM-45)とGPSを搭載して、日本橋から福島県まで走行計測をしてきました。
測定結果が多く得た知見も多いので数回に分けてその結果を随時紹介したいと思います。まずはその1。
NHK ETVで話題になった、ネットワークでつくる放射能汚染地図~福島原発事故から2ヶ月~に近いことをやっています。

◆計測データをプロットした図◆


Google Earth上にプロットした図のスクリーンショット。クリックすると拡大。

Google Earthのプロットデータ(KML形式):Ver 1.0版。改良してゆきます

ALLデータ:ポイントと線(表示が重い) : https://www.spacewalker.jp/rad/20110611_fukushima_radiation_all.kml
線データ:線のみ(軽い) : https://www.spacewalker.jp/rad/20110611_fukushima_radiation_lines.kml
ポイントデータ:ポイントのみ (少し軽い): https://www.spacewalker.jp/rad/20110611_fukushima_radiation_points.kml

(2011/06/17追記:関連記事”その2.5”にて、航空機観測データと重ねてみたデータも公開しているので、そちらも是非ご覧ください)

* Google Earth(最新版をご利用下さい)が正しくインストールされていれば上記のURLをクリックするだけで自動でGoogle Earthが立ち上がるはずです。
* 自動で立ち上がらない場合は、Google Earthを起動。ファイル(F)から開くを選択し、ファイル名の部分に上記のKMLのURLを入力すれば表示されるはずです。
* 4000点もの計測点を表示するのでとても重たいです。ALLデータをまず試して頂き確認してください。東京から福島を全体表示していると重いですがズームして一部だけにすると割とサクサク動きます。それでも重い場合は、Google Earthを一度閉じて、上記の”線データのみ”をお試しください。
* iPhone4, iPad1でSafariからGooole Earthアプリを起動して表示してみました。一応表示はできました。スマホなどでは”線のみ”が良いかと思います。
* またKMLファイルは、Google Mapsの検索窓でURLを入力して検索すると、Google Earthを立ちあげることなく、Google Maps上にKMLを表示できます。

<Google Maps + KML版 : ブラウザで普通に開けます>
ALLデータ:ポイントと線 : http://goo.gl/maps/Y3Z7
線データ: : http://goo.gl/maps/MDsp
ポイントデータ:ポイントのみ (少し軽い): http://goo.gl/maps/nV5o

◆車載システム概説◆


後部座席上に
1)ガイガーカウンター:BCS GM-45 : RS-232c -> USB変換 -> NotePC
2)GPS : 秋月購入 GT-720F : RS-232C -> USB変換 -> NotePC
3)おまけGPS : チャリ用に使っているGarmin Edge 800 -> 内部メモリ保存(とりあえずデータは使わない)


後部座席には、格安NotePC Lenovo G560eを置いて、シガーライター -> ACインバーターを介してACアダプターで電源供給しました。
図の矢印の様にμSv/h、緯度、経度が出ています。

・ガイガー(GM-45), GPSをそれぞれUSB接続しています。
・リアルタイムで現在位置と放射線量をTwitterにジオタグデータ付きでつぶやく為に、E-MobileのD21LCも接続していました。
・G560eにScientific Linux6をCUI(Runmode 3)で入れ、GM-45データ、GPSデータを10秒に一回記録し、内部のMySQL DBにデータ保存して行きます。Twitterには10分に一回つぶやきました。G560eでのLinuxベース計測システム概要は、このブログの別記事 “Lenovo G560eにLinux(Scientific Linux6)を入れて低消費電力GPS+センサーロガーを構築。“をご参照ください。(興味があればですが・・)
・Twitterは、@nihonbashi_rad アカウントでつぶやきました。6/11のつぶやきの様子は、Twilogに記録されていますので、そちらも参照ください。http://twilog.org/nihonbashi_rad/date-110611
・ガイガーが300ドル、G560eノートPCが30000円、GPSが3200円、各種ケーブルで5000円で、約65000円程度の安価な車載・簡易放射線計測システムですので、あくまで概算値としてご参照ください。一方で、日立アロカメディカルのGMサーベイメータTGS-121を2個持ってゆき、各所でGM-45と比較計測を行いました。(一時話題になりましたが、もちろんアルミキャップは付けて(笑))。GM-45はTGS-121の2台に比べ常に50~70%と低めに出ていたことを紹介しておきます。マップの一番強いエリアでは1台のTGS-121は10μSv/hを超えていました。

<雑感>
・この記事(その1)ではまずデータを淡々と紹介します。各所で感じたこと、現地での災対法による進入禁止の様子などはその2以降の別記事で紹介します。まずはデータの速報としてその1を公開しました。
・全データは自然放射線によるバックグランドを含んだものですからご留意ください。
・本来の計測は一点に止まり時間を掛けて計測し、バックグランド(自然放射線)などを考慮して値を評価するものですが、今回の計測は車載であることから、常時移動しています。その為あくまで瞬間値をプロットしていることにご留意ください。その為、都心に近いところでも0.2~0.3μSv/hとか出ることもあり得ます。
・今までと同様にこのブログではこのデータを元に何か行動を起こせなどの内容は述べません。
・その2以降では各所で撮った写真などを交え、感じたことなどを紹介したいと考えています。