茶道に触れてきた。

お知り合いが茶道をやっていまして、前々からやってみたい(見てみたい)と思っていました。この度、そのお知り合いが先生のご自宅でお茶を点てるということで、見に行ってきました。

お知り合いとそのはとこさんのお二人がそれぞれ二回ずつ点てるのを見させていただきましたが、本当に動き動きが美しく非常に感銘を受けました。

表千家でしたが、要所要所の動きがとても麗しく綺麗で、しかもその動きは非常に合理的な理由で決まっており、理系の私には非常に響く理由が多かったです。(理系・文系という考え方は大嫌いなのですが便宜的に使いました)


お借りした扇子。男性用はもうちょっと大きい物を使うようです。
(本来お茶の世界は写真は厳禁ということで、これも御法度なのですが、今回は特別に体験ということで許可をもらいまして)

とりあえず少しずつ覚えてゆきたいと考えています。せっかく着物もあるので、それも生きるかもしれませんし。

宇宙に通じる物があるかもしれませんし、戦国時代の大名達がこうやってお茶を点てながら命のやりとりをしてきた訳ですから、その心の片鱗にでも触れてみたいと思います。

**********

追記:2012/09/30 茶道のお稽古(二回目)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください