総裁選・総選挙(笑

技術立国と呼ばれていた物作りの国家、経済は影を潜め 、金融経済に確実にシフトしている日本において、今回のリーマンブラザーズの破綻は、やはり海の向こうの話ではなく、日本経済にも少なからず影響が出ていますね。AIGは何とか米国政府下に置かれて守られたようですが、”アリコ”をはじめ散々有名人を使って宣伝していた外資系の保険各社も一瞬で崩壊しそうな状況まで追い詰められました。日本国内では、事故米、産地偽装などの食品業界、教育・教師のモラルハザードと、物価高、原油高に我慢の限界が来ている第一産業など、何とも問題が山積みで大変な状況になってきました。リーマンの件もそうですが米国経済の停滞により、唯一の頼みであった貿易黒字も今後期待できず、もう借金なのか現実味もなかった国債も好き勝手に”印刷”できそうにありません。

まぁ、人類の歴史を見れば戦後数十年経てば国家・経済が破綻するという歴史を繰り返しているわけですが、そんな状況下での出来レースの総裁選、10/26に決まった総選挙という政治家のくだらないシャッフルゲームに、憤りを通り越して失笑という気持ちで一杯です。登場曲まで用意するというくだらない演出をしている連中から少なくともこの国の舵取りが選ばれる訳です。世間の目と同様に私も誰がなっても期待しておりませんし、だいたい5人立候補している時点で、自民党は5つに分かれないのが意味がわかりません(わかるけど)。前段の山積みの問題に刺激を与えられる政治力があるとは思えませんが、総裁選が10月下旬であることを考えるとあと2ヶ月は国会は動きそうにありません。KYでも、あなたたちとは違うでも良いのですが、とにかくシャッフルしても期待していないので、国会で1秒でも議論してもらいたいものです。本当に総裁になりたいのなら、今の状況はやばいので、立候補を取り下げてリーマンショックでも事故米対策でも考えますと言って、辞退するのも次回の総選挙への良いパフォーマンスになると思うのですけどね。

宇宙を扱っている以上、国家なんていう枠組にとらわれない視点をと思っておりますが、完全に切り離された生活はできませんので、少しでも期待が持てるような動きをしてもらいたいものです。我々としては何ができるでしょうか。温故知新という言葉がありますし、記憶、記録を残す・参照できるのが人類が他の生物とは違って有している技能ですから、戦後50年過ぎに政治が崩壊した過去の事例を”米国”のGoogle先生にでも尋ねてみましょうか。

総裁選・総選挙(笑」への2件のフィードバック

  1. 日本にも昔からドロボウ、悪人は数知れずにいましたが 今ほど犯罪の多いのは知りません。 政界を筆頭に 経済界も商人も役人も老若男女 悪人だらけです。
    戦後のアメリカ式教育が悪い?? 経済成長に掛かりきりで 人間としての善悪の判断できなくなった?
    何でこんなに日本人 悪くなったんでしょうね??
    でも一般庶民はまだ正直な人 沢山いますよ。 千円拾って交番に届ける人
    スーパーで忘れた傘が出てきました(私のことですが)
    小さな正直からこつこつと 日本をよい方に変えて行きたいですね。

  2. ukule-Hさん

    まさにおっしゃるとおりに、私も含め甘い時代に育った世代のモラルハザードが目立ちますね。結局この部分を”小さく”直さないと、もう全体がこんなフラフラなので歯止めがきかないですよね。
    フラクタル的に個人レベルでがんばるしかないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください