久々に足の小指を激しくヒットデータベース

昨日、家のキッチンの柱に、右足の小指を激しくヒットしてしまいました。普段はスリッパを履いているのですが、その時は風呂上がりの裸足で歩いていた時でした。今回は、あまりのヒットに流血までしてしまう大惨事に(だたの切り傷ですが・・)。しかし、私はこのようなヒットでも、決して怒らず(痛くて怒れないけど)ニコニコ暮らしております。

こういう事故が起こると、”この柱はいつも小指をぶつける”などのイメージが沸きがちですが、この”いつも”という評価は慎重にならなければなりません。詳しくは、過去のエントリー(2005/07/14 ”足の小指激しくヒット平穏術”)を参照して頂きたいのですが、簡単に紹介すれば,小指をヒットした日付を記録し,”いかに小指ヒットが希有なこと”と認識し,痛さを記念に思い、むしろ”ヒット君こんにちは”的に平穏にごまかそうという素敵な術である.

最新小指ヒットデータベース
・2007/12/26 自宅のリビングからバスルームに移動するエリアで右足小指を激しくヒット(流血)
・2006/08/20 自宅のキッチンからリビングに移るエリアで右足小指を激しくヒット
・2005/11/04 研究室で重い机の足に右小指を激しくヒット
・2005/07/14 研究室で扉に足の小指激しくヒット
・2005/03/02 研究室(実験室)で先輩の実験装置の角に右の小指激しくヒット
・2004/07/14 研究室のシンクの角に右の小指激しくヒット

普段、家の中をうろうろし、1日平均40回程度、小指をヒットしうる柱・扉などを通過すると仮定する。3年間半で6回のヒット数であるから

足の小指激しくヒット率(打率): 6 / (40 * (365 * 3.5)) = 0.01174%

たった0.012%程度の極めて低い確率です。また、人生80年だとすると約137回しか”小指をヒット”できないことになります。
ここまでくると、小指のヒットがサプライズプレゼントのように愛おしく感じてきませんか?(流血しているけど)
未だに指がジンジンしていますが、こんな方法で痛みを和らげるのはいかがでしょうか?

久々に足の小指を激しくヒットデータベース」への6件のフィードバック

  1. しかし、毎回毎回右の小指をヒットしてるね。

    そっちのほうに思いを馳せるのも必要かと。
    まぁ、研究室と自宅の構造的問題もありそう。
    私も毎回右小指なので、なんか自然とドアは左側を
    通るようになってしまった……。

    今度は左小指をヒットするようになったりしてね。

  2. Tyokutaさん>

    全くその通りで、右足が多いのは現在の家の構造的な問題です。ただ、風呂上がりで素足だったりと、無意識の時ほど当てるんですよねぇ・・。

  3. 私もたまにやりますが 足の小指をぶつけた時の痛さ!!よく判ります。
    打ってから脳へ痛さが伝わって行く0.何秒かの時間の長いこと!
    痛みよ、来ないでくれーーーと祈っても駄目ですね。

    しかしこの痛みを理論的にデータにして計算するのはさすがですね。
    私なんかはすぐに忘れてしいまいますが(笑)

  4. ukule-Hさん

    いたいですよねぇ・・。今回は流血までしていますし、困ったものです(笑)

    痛みは全くごまかせませんが、まぁ、珍しいことということで、少しは気が楽になるかなというのがもっぱらの狙いです!

  5. お久しぶりです。
    いやあ、久しぶりに小指ヒットしたのですね。
    その素敵なプラス思考、ぜひ参考にさせていただきたいものです(笑)

  6. よっすぃ~ さん>

    お久しぶりです!お元気ですか??
    久しぶりの小指ヒットでした。今回は流血しているので
    結構激しかったのですが、記念みたいなものですね(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください