宇宙ステーションからの視点をGoogle Earth上に再現

(2013/10/18現在:本記事のシステムは、最新版のMr.Orbitに移行しました。https://www.spacewalker.jp/~mrorbit/ )

 

先日公開した”呼べる地球”に引き続き、”宇宙ステーションのからの視点”ソフトを開発しました。呼べる地球で利用したGoogle Earthを外部アプリケーションからコントロールできる機能(Google Earth COM API)は、文字列検索による位置の移動だけでなく、視点を直接指定することもでき、たとえば東経X度、北緯Y度、高度Zkmといった指定が可能です。そこで、宇宙ステーションの現在の位置を計算し、その値を随時入力してみたところ、Google Earth上でも割と面白く見えたため、今回公開に至ったわけです。前回と同様に動作している様子を動画で撮影していますので、興味があればご覧ください。


(音声による解説付き)

人工衛星が地球を回っている道を軌道と呼びます。その軌道を計算することを軌道計算と呼びます。今回開発したソフトはその軌道計算を行い、現在宇宙ステーションがどこにいるかを算出しています。その算出結果(経度・緯度・高度)をGoogle Earth上に随時投げ込むことにより、宇宙ステーションからの視点を実現できるという仕組みです。初期状態では地表に向かって真下の視点となっていますが、距離・チルト・方位角の指定により様々な方向を見ることができます。

宇宙ステーションは、人工衛星の1つですから、第一宇宙速度という速度を持って地球を回っています。その速度は時速28000kmというモーレツな速度で、地球を1時間半で1周してしまいます。今回のソフトでも視点がその速度で移動していくわけですが、地球規模で考えると時速28000kmというスピードはとても心地よく、ゆっくりと地球が流れている様子はとても癒されます。

使い方

1)Google Earthのインストール(最新版4.2以降を使ってください。旧ヴァージョン4.0あたりでは動かなかったことを確認しています)
2)Google Earthは”起動しない”:開発したソフトから起動するのでGoogle Earthは事前に起動しないでください。
3)開発したソフトのダウンロード(ZIP圧縮済み)
4)開発したソフトの実行
・”Get Latest ISS TLE via Internet”ボタンを押してインターネット経由で最新の軌道情報を取得する(*軌道計算をするためには、その計算の種となる最新の軌道情報が必要になります)
・問題なく取得できたら、”TLE Set”ボタンを押して軌道情報を更新する。
・”Azimuth & Elevation Set”ボタンを押して、Google Earthを起動する。
・何回か”Azimuth & Elevation Set”ボタンを押して宇宙ステーションの軌道にGoogle Earthの視点が動くか確認する。
・”Continuous Control”ボタンを押して、随時軌道計算結果をGoogle Earthに送信するモードにする(これで宇宙ステーションと同じ軌道に追尾するようになります)
・Distance, Tilt, View Azimuthのスライダーバーを変えて視点を変える

以上です。

Tiltを変えると地球の縁が見えたりして結構綺麗です。宇宙ステーションからの視点を是非ご覧ください。全画面表示にしてほっておいても癒し系のスクリーンセーバーとなりますよ!

宇宙ステーションからの視点をGoogle Earth上に再現」への6件のフィードバック

  1. 今回のソフトも とても興味深く見せて頂きました。
    視点を真上から 斜めに変えて地球の縁を見た映像では
    薄いブルーの空気の層ですか? はっきりと判りますね。

    我々地球人はこの僅かな空気層をを頼りに生きているのだと
    思うと、絶対に地球を汚してはいけないと思った次第です。

  2. ukule-H さん>

    いつもコメントありがとうございます。
    地球の半径が6500キロ位で、大気は約100キロくらいなので、いかに薄い大気の中に住んでいるかわかりますね。Google Earthの大気の表現は結構テキトーですが、だいたい良い感じの表現だと思っています。何かのきっかけでこの大気も宇宙へ逃げてしまうこともあり得ますので、地球環境は人工的に壊さないように努力しなければなりませんね。

  3. ちょうど今、カリブ海の島々を横目に見ながらゆっくりと大西洋上空に差しかかっていくところです。
    技術の進歩はすごいですねえ・・・ため息が出てしまいます。

  4. dairaさん>

    おお?試していただけましたか?無事動いたようで良かったです。どんな感じになるかなーと作ってみたところ、宇宙かぶれの自分でも意外と面白かったので公開することにしました。
    Google Earthの表示されるコンテンツもますます高解像度でダイナミックになってくるでしょうから楽しみですね。

  5. すごいね、すごいね!!
    起動して自分で動かした時、確かに宇宙を感じました!
    誰にでも簡単に動かせるところがまたにくいね。

  6. じゅんじゅんさん>

    こんにちは。最近寒いですねぇ。私は風邪気味です。
    うまく動いたようで良かったです!
    飛行機と同じ感じかなとも思いましたが、やはり高度って重要で、日本列島が全部見える高さって凄いなぁと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください