実家~東御市~菅平~須坂~松代~地蔵峠~実家:ツーリング

この記事は自転車専用ブログに移行しました。

http://bike.spacewalker.jp/archives/5607

 

 

 

 

***********************

 

 

全くブログを書くのが間に合っていません。お盆で帰省した際に、美ヶ原の他にもう一日(半日)近くの山を登ってきました。
前日に、望月東急CCでゴルフを友達とやってきたのですが、その際に友達の車の中に財布を忘れてきてしまいました。
その為に目的地の菅平高原に行く前に東御市の知人の家に寄ってきました。

実家→東御市(財布受け取り)→旧菅平有料道路→菅平高原→須坂→松代→地蔵峠→傍陽→真田→実家

距離:100.57km
獲得標高:1828m


関係ないけど、前日の望月東急。芝も綺麗で良いコースでした。何度も回っていますが、JGTOの試合もやったりと(たぶん)結構有名なコースです。


菅平高原に到着。正面のスキー場(ツバクロ)は高校生までよく滑ったコースです。18歳で上京して以来1度もスキーをやっていません。もう滑れないと思います(苦笑
多い年は年間10~20回くらい菅平にはスキーに来ていました。

さて菅平高原に上田側から上がっていくのは大した坂ではありませんでした。今まで登ってきた峠などに比べると気抜けしてしまう緩斜でした。


菅平高原を越えて、逆側の須坂に下りて行く下り坂。こちらは激坂です。
須坂から上がるのは楽しそうです。一方で、車のスリップ防止で縦溝があるんですよね。
あの溝はハンドルが取られるので困ります・・・。


なんだ、この写真という感じですが、こういった自然の中を下りて行きます。下りは苦手です。


写真がテキトーすぎる。さて、このフレームは本当に優秀だと思います。デザインと塗装が許せば超おすすめ。
フレームによって自転車の個性が変わりますから面白いですね。

さて、須坂→松代は大変退屈でした。松代は、地元以外の方は地理感がないかとおもいますが、割と重要な場所です。
そうです、松代大本営の松代です。

さて、松代から真田・上田に向かう際に地蔵峠という安直な名前の峠を越えます。これがなかなかタフでして、良い登りでした。
上田(真田)側からの登りは全然大した事がありません。松代からは良い登りです。


もう完全に写真を撮る気がありません(苦笑)一応地蔵峠を登り切ったところです。

さて、今回のツーリングはちょうど100kmで、気持ち良い坂もありとても良いライドになりました。
実家は山の中なので峠天国でロードバイク的にはかなり良いロケーションでした。

 

 

 

実家~東御市~菅平~須坂~松代~地蔵峠~実家:ツーリング」への4件のフィードバック

  1. 直己さんのご実家はとても景色のいいところですね。いい自転車??で いい景色で うらやましい。
    でも20Rのヘアピンカーブの下りは危ないですね。

    自転車での山の長い下りは、車のようにエンジンブレーキが無いので、ブレーキが焼けてきかなくなり 恐ろしい目に遭った事があります。 そう、40年ほど前の話ですが。。。 サイクリングの時代です。

  2. ukule-Hさん

    下りは本当に危険ですよね!私も今年のジロ・デ・イタリアでプロ選手が亡くなったこともあり、下りはチキンといわれようとも相当ゆっくりで走っています。もう登りよりも遅いくらい(笑
    ブレーキはおっしゃるとおりエンジンブレーキがないですから、摩擦熱も含めて特に気をつける必要がありますよね。ukuleさんのご経験も踏まえ、更に注意して下るようにしたいと思います。
    登った分、下らないといけないのですよね・・・。

  3. miyashitaさん

    御無沙汰しております。
    お盆はずっと種子島で過ごしましたが、休日には海まで走ったりしました。
    名古屋で走るよりも景色が良く、地方で走るのは気持ちいいですね。

  4. hirokiさん>

    すみません。imap4sに移行していますがお試しになりましたか?
    また、いずれ転送アドレスにして頂けると助かります。
    (私がこのドメインでメールを使っていないため)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください