鈴鹿6時間エンデューロ(自転車耐久レース)に出場してきました。

春・秋に毎年行われている鈴鹿エンデューロに出場してきました。要するにF1などで有名な鈴鹿サーキットを自転車で耐久レースを行うというものです。

公式サイト:http://suzuka8h.powertag.jp/

10/23(土), 10/24(日)の二日間行われ、3時間、4時間、6時間、8時間のレースがあり、その中で、ロードクラス(いわゆるドロップハンドルのロードバイクの部)、オープンクラス(ロードバイク以外の自転車、クロスバイク、ママチャリなど)があります。
私は、会社のメンバー5人で6時間のオープンクラスに参加してきました。5人ともクロスバイクでの参戦です。当たり前ですが圧倒的にロードバイクの人が多く、クロスバイクはやはり少数派でした。とはいえ、ロードバイクもまもなく納車ですし、クロスバイクでの最初で最後のレースとなりました。
6時間を5人で交代して走りました。


レース前の暇な時に記念撮影。Bianchiのカメレオン4というクロスバイクです。
(まぁ、ぶっちゃけクロスバイクとしてはやりすぎなほど改造してあるわけですが)
ロードバイクの連中はチーム、実業団、プロ?、アマチュアも含め、いわゆるロードバイクジャージを着ているのですが、私は、Adidasの普通のFITTECHで望みました。


この日の為に改造を重ね、トレーニング(週末だけだけど)してきた、カメ4。
Bianchiのロードは相当に多かったのですが、カメレオンシリーズ(Bianchiのクロスバイク)での参戦は殆どいませんでした。


ピットの様子。ものすごい数の自転車数です。
ピットの場所は決められている様で、決められてはなく、自由にチーム内で場所を確保し利用できます。
足首にセンサーをはめて(それをバトン代わりにして)走ります。ゴール地点を通るとそのセンサーが検知され、ラップが計測されてゆきます。


F1などでよく見かけるメインのゲート。ちなみにこのメインストレートは、傾斜がありF1の場合は下り坂でゴールになります。
自転車のエンデューロでは逆回りに周回し、ゴールは登りになります。
(最後はものすごいスプリントになりますので下りは危ないんですかね??)

さて、結果ですが、5人が全員ちょうど7周ずつ回ることができて、6時間で35周できました。鈴鹿サーキットは1周5.8kmですので205km位走ったことになります。
順位は、6時間耐久のオープンクラスでなんと9位でした!

公式サイトの結果(9位@オープンクラス):http://suzuka8h.powertag.jp/2010/result/autumn/602.pdf

ロードバイクも含めた6時間耐久の総合成績では、111位でした。

公式サイトの結果(111位@総合):http://suzuka8h.powertag.jp/2010/result/autumn/6SOGO.pdf

まぁ初出場としては良かったかなと。

さて、私はGARMINのGPS機能付きサイクルコンピューターを搭載して走っていたので、個人周回の記録が残っています。

http://connect.garmin.com/activity/54012667

よくF1中継で見る形になっていますね。約5.8kmのコースを8分45秒で走っていますので、平均38.6km/h, 最高速は50.9kmとなっています(この周回では)
6時間のロードクラスの優勝のチームは、平均速度41km/hですので、やはりレベルが違いますね。ちなみに6時間で43周ですので8周差つけられました(距離にして40キロ以上!)

そんなこんなで初自転車レースでしたがとても楽しい経験になりました。私はかなり気合い入れて走りましたが、多くのチームは楽しそうにワイワイ走っていましたので、興味ある方はご参加されてみてはいかがでしょうか?

鈴鹿6時間エンデューロ(自転車耐久レース)に出場してきました。」への2件のフィードバック

  1. モーターレースのメッカの鈴鹿サーキットで 自転車耐久レースですか??  楽しそうですね。
    しかも9位だなんて 本当に凄い成績ですね。
    矢張りダイエットでサイクルの練習した効果が十分に現れていると思いますよ。
    私は鈴鹿にはまだ行った事がありませんが TVではF1とかのレースは時々は見てます。
    一度は現場に行ってみたくなりました。

     

  2. かなり道も走りやすく、アップダウンもありで、走っている分には相当楽しかったです。

    おそらくゆっくり走っていると気持ちいいのかなと・・。(私は全力でこぎ続けているので、最後は下を向きながらゼーゼー言っていましたが(笑))

    是非、3時間耐久レースなどもありますので、ご家族、知人、音楽仲間さんなどといかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください