再ダイエット開始:インテリジェント・トレーニング環境の構築(Garmin GPS + Withings)

さて、2008年にダイエットをして痩せたのですが、この2年のウチにぶくぶくぶくぶく太って参りました。
こりゃあかん!ということで、またダイエットを開始することにしました。

2008年の時は、携帯で体重を簡単にログができるシステムを開発し、その第一被験者として行ったことで衝撃的に痩せることに成功しました。
今回も同じシステムを使っても良いのですが、当時のJavaベース(Servlet) + MySQLシステムは、今となっては昔の手法であり、
ウチのサーバーも変化してきているので、当時のエンジンをもう一度起こすのは面倒です。
そこで、今回は既存のインテリなトレーニング環境を整え、ダイエットに励もうと思いました。

1)Wi-Fi経由で体重がアップロードされるWithings Wi-Fi Body Scale
2)サイクリング用GPSログ+速度・ケイデンスセンサー:GARMIN Edge 705
3)ジョギング用GPSログ+速度センサー:GARMIN Forerunner 405CX

この3システム(ツール)を導入し、管理していくことにしました。

1)Withings Wi-Fi Body Scale


その名の通り、Wi-Fi(無線LAN)経由で体重をアップし、Withingsサイト内にデータを管理してくれる体重計です。乗っかれば、その体重・体脂肪量などを、Wi-Fi経由でアップロードするので、超簡単です。乗るだけ。2008年に作ったシステムは携帯で20秒で入力できるというものでしたが、それより楽ちんですね。この体重計を買うと、Withingsサイト内に自分のアカウントを作ることができ、その中にデータが管理されます。

これがそのサイトのイメージです(クリックすると拡大)。データのインポート・エクスポートがCSVファイルで扱えるため、2008年のダイエット前からのデータも全部投げ込んじゃいました。2008年の怒濤のダイエットっぷりと、その後2年で順調に肥えているのが分かります(笑

このサイトは、とても良くできていて、この体重データを、A) Google Health, B) Twitter C)一般公開サイトなどに流用できます(する必要はもちろんありませんが)。Google Healthは日本ではまだサービスインしていませんが、内容を見る限り強烈です。が、Googleに健康情報までアップするのは危険ですので、どうぞお使いになる際には、お気を付けください。

また、iPhoneアプリも公開されていて、iPhoneでいつでも体重確認できます。

というわけで、このWithingsとてもおすすめです。普通の体重計からすれば恐ろしく高いですが、ちゃんと残すという意味ではもっとも便利なツールです。
ちなみにダイエットは、グラフの右肩下がりっぷりをいつも眺めてニヤニヤしながら進めないと絶対に続きません。
”今日の自分の体重を100g単位で正確に言えますか?”。これが言えないとダイエットは成功しません。と、ここまで書いたので私の今回のダイエットも失敗できません。

2)GARMIN Edge 705

ご存じの通りチャリンコを乗りまくりの生活をしていますが、せっかく走った道のりを残したくなりました。そうなるとGPSロガーとなります。
GPSロガーだけでなく、クランクがどのくらいのペースで回っているか(ケイデンス)、どのくらいの速度が出ているか?(GPS + ホイールセンサ)を計測できれば、ただのチャリンコ乗りから、スピードやペースを意識したトレーニングサイクリングとなります。

Edge 705は、自転車に取付、またケイデンスセンサもフレーム、クランク、スポークに取り付けて各データを収集し内部メモリに蓄えます。
ケイデンスセンサーからEdge 705はANT+という低消費電力の無線送信をするため、煩わしい配線を追加する必要はありません。

さて、お台場を1週回してきたサイクリングのデータです。GARMINも購入者にアカウントが発行され、そこに各データが保存されてゆきます。

これが、お台場を周回したときのアクティビティです。通った道の位置はGoogle Maps上に表示され、速度・ケイデンスの情報などもグラフ化されます。
この時は平均巡航25km/hを目指して走っていきました。信号で止まったときにタイマーをストップしないといけないのですが、それを忘れたため、平均速度はさがってしまっていますね。
お台場は先の方に行くと、車も全く通っていない広い道があり、そこで全力で踏んだときに時速50km/hオーバーが出ました。
とはいえ、クロスバイクで50km/hオーバーだと流石に若干ガタガタして不安でした。もちろん回りの安全を完全に確保しないと危険です。

さて、Google Mapsに表示できるのですから、もちろんGoogle EarthのKMLにも対応しています。

(クリックすると拡大)

こう見るとお台場をどのように走ったか一目瞭然です。道のりがこうやって再現できるのはとても楽しいです。
ちなみに中央部上方にある1周くるっと回っているのがレインボーブリッジです。

というわけで、自転車にEdge 705を載せるととても楽しいです。Edge705はやや高価なので、GPS+ケイデンスのロギングだけなら、弟分のEdge 500でも良いかもしれません。
私は日本の代理店経由が鬼高かったので、円高を利用して海外から個人輸入しました。日本地図が入っていないので、Edge 705上のマップは役に立ちませんが、(自分で別途マップデータを購入すれば日本代理店を通すのと全くおなじもの)
しばらくはこのまま(マップを使わずに)いきたいとおもいます。乗っているときはマップを見ませんし、帰ってくれば上記の様にGoogle Earthで確認できるので十分です。
そういう意味で、GPSロギング+ケイデンスだけのEdge 500でも良かったかもしれません。まぁ大は小を兼ねるということで。

3)GARMIN Forerunner 405CX

さて、自転車でGARMIN社のGPS性能と、GARMINウェブサイトの完成度に感動し、平日のランニングトレーニングの際に、Edge705を手に握りながら走ってみました(笑)。
もちろん、問題なく動作し、ランニングのスピードやラップ、走った道のりが、同じようにGARMINのサイト内に表示されました。
しかしEdge705を握りながら走るのはやや大変なので、腕時計型のGARMIN Forerunner 405CXを買ってみました。同じく個人輸入+アウトレット(箱がつぶれている)物で相当安く買えました(日本の代理店値段の1/3)。言ってみれば、Gショックよりも安価に購入できました。


(クリックすると拡大)

月島・新川界隈のランニングです。こんな感じで、腕時計として走るだけで、これだけ正確にロギングできます。Nike+とか比べると、こちらはGPSなので比較にならない精度です。
ちなみにGPSから時刻が取れるため、電波時計よりも時間は正確です。デザインは鬼ダサイですが、世界一正確な腕時計とも言えなくもありません。

GARMINのサイトでは、カレンダーもあり、

 
(クリックすると拡大)

こんな感じで、エクササイズ状態と体重など全て日付毎管理されます。8/21のお台場周回サイクリング(ピンク)をクリックすれば上記の1つのアクティビティが詳しく表示される仕組みです。とても便利で見やすいです。ピンクがサイクリング、青がランニングとなっています。

というわけで、体重計測をよりスマートに、サイクリングとランニングを位置情報・速度情報・ケイデンスを正確に計測できるような環境になりました。
結構便利ですので、何か興味があれば、お使いになってみるのも良いかもしれません。安く買う方法など疑問点がありましたらコメント欄にお気軽に。

再ダイエット開始:インテリジェント・トレーニング環境の構築(Garmin GPS + Withings)」への8件のフィードバック

  1. いやぁ素晴らしいですね。
    Wi-Fi体重計を買っただけで悦に入ってしまっていました(^_^;)
    最近の直己さんは走った距離が妙に詳細につぶやかれているなぁと思ったらこういうことだったんですねー。
    しかも50km/hとかすごすぎ!!

  2. そーなんですよ。数m単位で正確に距離も計測できています。
    毎日の履歴が残るのがいいですな。A型なので、カレンダーもトレーニングで埋めたくなります(笑)←血液型占いは信じてないけど。

    クロスバイクでもちゃんと整備すれば50km/hは出ます!ロードバイクの連中は60kmとか出すらしいのですげぇなぁと。まぁスピードを出すために乗っているわけではなく、快適に乗っているわけなので、いつもは25~30km/hの安定走行です。

  3. す・すごいの一言でやんす。
    このスピードだと、街で見かけてもあっという間に通り過ぎていくよね^^;。

  4. 流石に人がいるような町中では超ゆっくり走っているからわかると思うよ。
    意外と近所さんなので、見かけたら声をかけてくださいな。
    ヘルメットかぶって走ってます。

  5. miyashitaさん

    ご無沙汰しています。

    以前カメ4の件でコメントさせていただいたpolestarです。

    ビアンキのカメレオン4から始まったスポーツバイク選びですが、先日、ようやく決まりました。
    PINARELLOのQUATTRO シマノ105にしました。

    なぜゆえにクロスバイクのカメ4からフルカーボンのロードレーサーになったかというと、
    カメ4を見に行ったらビアニローネの方が良くなり、
    ビアニローネを探していたら、すべて在庫なしだったので、ビアンキをあきらめ、
    同じイタ車でロード探していたらピナレロにたどり着き、
    ショップの人と話していたらQUATTROになってしまいました。

    正直、物欲とは恐ろしいものです。

    その節はありがとうございました。
    今後もブログを参考にさせていただきますね。

  6. polestarさん

    おお、quattroですか!いいですね。105のモデルが結構流通しはじめたみたいで
    良い時期に購入できましたね!!

    実は私もロードを購入しまして、近日中にこのブログに紹介できると思います。
    (現在調整中です)

    いきなり通勤になるかと思いますが、どうぞ事故がないように、ヘルメット含めお気を付けてお乗り下さいね。

  7. miyashitaさん

    まっまじですか?

    ロードも買っちゃったんですね?

    どんな車種かなぁ。

    早く見てみたいなぁ。

    アップ楽しみにしてますね!

  8. そうなんですよ。今、自転車屋に一部調整で入院していますので帰ってきたら紹介します。

    かなり賛否両論のマニア車種です。ビアンキは色も含め超コテコテでしたので、ロードは思いっきりマイナーなラインにしました。賛否の”否”をもちろん見た上で判断しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください