iPadでプリメインアンプの音量を遠隔制御するシステムを作ってみた。

今回のエントリーは、iPadとArduinoを用いて、部屋のオーディオ用プリメインアンプ(Denon PMA-2000AE)のボリューム(音量)を遠隔で調整する雑システムの紹介です。

不満: 私の部屋のプリメインアンプは、リモコンが付いておらずベッドに寝っ転がって音量調整ができない!
目的: iPadなどの携帯端末を使って遠隔で音量(ボリューム)の調整をする。
方法: ネットワークベースの組み込みマイコンを使ってモータを制御し、直接ボリュームヘッドを回す。

百聞は一見にしかず。とりあえず、動画を撮りましたのでご覧ください。


超雑に開発したiPadアプリ(iPhone SDK 3.2使用)。プリメインアンプのボリュームの部分を写真で撮って、アプリの壁紙に貼っているもの。
ボリュームの部分を指でクルクルして調整するようなiPadらしいコントロールはできない
あくまで、”+” , “-“のボタンを押してボリュームを調整するという手抜き簡易プログラム。


左下が、Arduino + Ethernet Shield。
上のブレッドボードには、4chのダーリントンシンクドライバ(TD62064APG 2個入りで200円@秋月)
ギア付きステッピングモータSPG20-310(4相ユニポーラ。980円@千石)


プリメインアンプに取り付けた様子。
Arduinoには、Ethernetケーブルが接続されていて、IPアドレスを持っています。中でhttpd (いわゆるウェブサーバ)を立ち上げており、HTTPアクセスが来たときに何かアクションを起こすようになっています。
ウェブサーバーの特定のアドレスにアクセスがあったときに、ステッピングモータのパルスを発生して、一定の角度だけ正転・逆転を行うようにして、直接ボリュームヘッドを回しています。
今回は、iPadからそのHTTPアクセスを発行して、モータを制御しています。
ご覧の通り、セロテープ貼りまくりの突貫工事です。この状態ですと、逆に手でボリュームが調整できなくなってしまいました・・。簡単にモーターが取り外しできるジグなどを今後作る予定です。あと回路もブレッドボードからちゃんと半田付けしなくてはいけませんね。

モータとドライブICで1000円ちょっと(Arduino系は除く)で目的のボリューム制御ができるようになりました。実際には、httpアクセスができれば良いので、ウェブブラウザでもボリューム制御ができます。とりあえず、音量調整ができない不満とiPadアプリを作ってみようということで、突貫工事で作ったシステムの紹介でした。

ここからは余談です。
なぜこのご時世にアンプにリモコンがついていないのか?ということですが、今回のアンプは、Denonの中堅アンプでして、それでも割と高額な物です。もっと高価な物はたくさんありますが、高いアンプほどリモコンはなくなります。それは、リモコンの赤外線受光回路・モータ回路などの余計な回路はピュア・オーディオの世界には御法度で、”余計なノイズ源は一切排除するという”、いわば宗教的とも言える理由に寄るものです。実際に信号レベルで見れば、リモコンの受光回路、およびモータの回転にともなうノイズはもちろん存在する訳ですが、うまく作れば人間の耳で検知できるレベルのものではありません。私なんかから言わせれば、”ノイズ排除信仰”は余計なお世話でして、躊躇せずにリモコンをつけてほしいと思っています。実際にこのアンプのリモコンなしに対して結構要望があったようで、後継機のPMA-2000SEではリモコンが搭載されました。今回私が作ったシステムも、2000SEに買い換えれば済んでしまう話なのですが、このクラスのプリメインアンプはぶっちゃけ技術的に成熟しており、2000AE -> 2000SEの変化で音質の違いがあるとは到底思えず、リモコンだけのために買い換えるのは躊躇してしまいます。その為今回、自作のリモコンシステムの開発に至ったわけでした。

iPadでプリメインアンプの音量を遠隔制御するシステムを作ってみた。」への6件のフィードバック

  1. お時間ないのに相変わらずすごいですね。
    しかし、こんな小さい基板上でhttpdが動くのはちょっとした感動でした。
    携帯上でウェブサーバ運用できる時代なので、驚くこともないのですが。。
    予算がもう少しあればBluetoothの方がより素敵かもしれませんね(笑)

  2. どうもです~

    ご家族皆様お元気ですか?
    変な天気が続きますなぁ。

    今回は、モータ、ipadアプリ、httpd周り併せて3時間弱でできました。それもこれも、ライブラリと開発環境がしっかりしているからです。やはり組み込みは敷居が下がってきていますね。
    昔はtcp/ipのプロトコルスタックを実装するだけで大変だったのに。

    確かにipadもbluetoothあるので、そのラインもありですな。

  3. おお、iPad入手したんですねー。すげー!
    ボリュームヘッドをモーターで回すっていう力技には驚きました!
    誤作動で爆音にならないよう気をつけて下さい(笑)

  4. どうもです~。
    (それしかないですが)直輸入ゲットです。相当良い感じです(といわないと直輸入購入というミーハーな行動は今更後ろ向きには語れない)。
    ただ、+3Gモデル(日本でのmicroSIMがどうなるかおいといて)の方が面白いかもしれません。wi-fiでしかも16g買っちゃった・・。

    誤動作を防ぐためにステッピングモーターを採用し、1クリックでちょっとだけ動いてとまるようにしました(笑

  5. どうもです。

    ご紹介のLINNもそうですし、AVアンプなどでもipod制御など増えてきましたよね。
    今回は、既存の2000AEを遠隔モータードライブってことで、お遊びプロジェクトです。
    今後増えてくるでしょうね。便利になってきましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください