Canon EOS M : 近赤外Falseカラーテスト

IRカットフィルターを外したCanon EOS M(初代)を使って、近赤外(NIR)をRedに割り当てたFALSEカラーイメージを作ってみました。この時期は、紅葉も終わり常緑種だけがNIRを反射させるため、反応が面白いです。
IR透過・RGBカットフィルター(0.72um)を有り無しで連続撮影しています。波長が違うので焦点距離がずれ、特に広角撮影だと若干ズレが発生しています。
また、IR透過・RGBカットフィルター無しの場合は、NIRもセンサーとしては受かってしまっているので原理的にはうまくバンド間で切れていません。IRカットのシートフィルターなんかが安価に購入できれば良いのですが(または正常なEOS Mボディ)。

改造に関する記事:赤外線カメラのススメ(Canon EOS Mの赤外線カットフィルターの除去改造)

*False(NIR,R,G)とTrue(R,G,B)を2枚比較して載せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください