なんと村田製作所がスピーカーを作った。

恋する部品製作所の村田製作所がなんとスピーカーを発表しました。

ハーモニックエンハンサー同軸搭載 新スピーカーシステム
『ES701 Suono 京 (すおーのきょう)』 発売のお知らせ

プレスリリースによると、今回の”ハーモニックエンハンサー”は、以前から提案していたスピーカーだったようですね。13cmの同軸フルレンジでバスレフですから、私の好み”サイズ”です。今回、村田製作所が今まで別の用途で培ってきた圧電セラミックス技術を使ったということで、どんな音がでるのか非常に楽しみです。何せこれだけスピーカーの技術が進むと各社同じようなユニットばかりで、だいたい音は予想できちゃったりします。村田の圧電セラミックスは、センサーなどで使ったことがありますし、愛着があります。音にどう影響するか、楽しみなところです。能率が85dBってことで思ったより重い可能性がありますが、能率だけで音は判断できないですから、早く視聴してみたいです。いわゆるオーディオ屋に村田のスピーカーが置かれるのか?どこで視聴できるかわかりませんが、聞いてみたいと思っています。

今日はシャープも新アクオスでLED液晶出してきましたし、日本メーカーは続いてどんどん良い製品を発表してもらいたいです。

なんと村田製作所がスピーカーを作った。」への2件のフィードバック

  1. ほぇー。村田がスピーカーをねぇ。
    1つの部品技術はあるとは言っても、スピーカー作るってすごいね。
    ガンバレメーカー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください