BOSE Quiet Comfort 35 QC35を買ってみました。

BOSEの新作のノイズキャンセリング・ワイヤレスヘッドフォン Quiet Comfort QC35を買ってみました。
そもそも家電(?)を買うのも数年ぶりで、秋葉ヨドバシで購入するのも久しぶりです。

20160626_qc35_1_2048

・BOSEの最新のノイズキャンセリング機能
・ワイヤレス(Bluetooth, NFCペアリング)
・(上記機能の搭載機としては)軽い
・充電式(公称20時間、USBにて)
・もちろん有線でも使える

あたりが注目でしょうか。Sony製品でいうとMDR-100ABNあたりがプロダクトとしてはライバルでしょうか。
ヨドバシカメラ店内の騒音の中で、両機種比較して決めました。

そもそもこのブログでも5年前くらいに自作スピーカーなりオーディオは凝り凝りやっておりましたが、一度あの世界を知ってしまうとどんどん本質から外れてゆきます(笑)
BOSEは、周波数の応答特性も公開していないのですよね。要するに数値に左右されず「聴け」と。
ピュアオーディオ(マニア)の人たちはアンチBOSEが多いようですが、私は普通に高く評価しており、音響工学としてまさに「ラボ的」なモノづくりで好きです。スピーカーの11cmドライバーも「ああBOSEだなぁ」と思って聞いています(した)。
Bluetoothのプロファイル・規格・帯域を考えれば現時点で最良に近いヘッドフォンと言えます。
これはBOSEを選ぶ理由とも言えますが、やはりノイズキャンセリングが全てと言えるヘッドフォンだと思います。

2016/06/26 : さっそくFirmware ver 1.05が来ています。Firmwareのアップデートは、USBケーブル経由で行えます。

Androidのスマホは勿論、Windows 10 (64bit)からも快適に再生できています。
BluetoothのUSBアダプターは、SANWAのMM-BTUD43 (class1)を使っています。特別なドライバーも不要でPCに刺すだけでペアリングができます。
Foobar2000 + MM-BTUD32 >> QC35の組み合わせでなかなか良い感じです。class1なので規格としては100mまで飛びますが、少なくとも20mくらいは安定して再生できています。

少し聞いた感じでは
・時々ブツブツ切れる時はやはりある。
・Sony Xperia Z1からの高音質音源では帯域不足で音質低下が目立つ感じですので、少し調整が必要な様子です。(まだ確定的な事は言えず。PCからだとあまり気にならないのでどこで落ちているのかな)
・無音のノイズキャンセリングはちょっと気持ち悪い。音楽は何か再生しておきたい印象

ヘッドフォンとしてはかなりの高額なのでずいぶん迷いましたが、初めてのワイヤレスヘッドフォンで、わずらわしいケーブルからも解放されとても満足しています。

BOSE Quiet Comfort 35 QC35を買ってみました。」への2件のフィードバック

  1. こちらから失礼します。
    2009年のブログで初めてディズニーシーに行った際に撮影された写真のリンクが切れていましたがもうないのでしょうか?
    壁紙にと思ったのですが残念です。厚かましいお願いですがあれば欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください