IPv6対応

四苦八苦してこのサーバーもIPv6対応しました。日本のIPv6化は一体どうするのだろう・・。すんなり行くとは全く思えない。
とはいえDNSのAAAAレコードがふらふらでいまいち安定せず。
原因は、いままでいわゆるNaked Domainのspacewalker.jpというのを使っていましたが、AレコードとAAAAレコードをNakedに対応するようにワイルドカードを使うとこれがまた超不安定。
やはりwww.なり、何か入れないとIPv4, IPv6の現在のデュアル運用をせざるをえない日本の状況下では不安定すぎて困りもの。Nakedドメインでうまく行っている人いるのかな?(DNSが自前サーバーでないので細かく設定できないんだけども)
* その前にWindowsの名前解決がIPv6とIPv4の優先度がころころ変わっているのか、何もしていないのに突然接続不良になったりとイマイチ動きが掴めていないです。

もしIPv6アクセスを実現されているかたは、うちのトップページ
www.spacewalker.jp
にアクセスしただければ、下のようにIPv6の大きなロゴが表示されるはずです。
表示がないとIPv4アクセスです。どうでしょ?

20160105_WebIPv6

一応これでIPv6 + HTTP/2 + 常時TLSという今流行りの仕様が実現しているはず。ただスマホで使っているUQ-MobileがいまだIPv6未対応で困りもの。IIJ(MVNO)はいち早く対応しているようです。

*あまりに不安定なので暫定対応です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください