Google Photosの無料・無制限ストレージにおけるGoogleの画像解析・収集戦略について

Google Photosという「無料・容量無制限ストレージ」のサービスが開始されました。
写真好きというのもあり、少し試したところ気が付いた事がありました。Googleがなぜ無料・無制限に踏み切ったかについて私なりの思うことを書いておきます。
多くの方が(無意識のウチに)使って行くでしょうから、長文ではございますが使用前に一考くだされ。(長文なので結論を先に書くと安易に使うのは危険です)

iCloud, Google Drive, DropBox, One Driveとクラウドストレージ(ネットワークストレージ)の低価格競争(容量増大競争)は近年顕著であり、シェアを落としてきた会社が容量増大・値下げるという形を繰り返してきました。
今日Googleが発表したのは、1600万画素以下の画像・1080p以下の動画であれば容量無制限・無料で使えるというサービスです。各社のニュースメディアを見ると、「iCloudとのガチンコバトルになる」などの内容が多く、この無料・無制限の意味をあまり書いている記事は少ない様です。

早速、私も使ってみました。写真好きの私から見ると、この1600万画素以下の画像という部分がひっかかり、私の画像を実際にアップした時に適切に自前で縮小してからアップすれば、`その画像が改変(再圧縮劣化)されることなく`アップされるのか確認したかったからです。普段私がブログなりに載せている写真は、構図などのセンスは無いものの、`常に高画質`というのはこだわりを持ってアップしています。そこで私の写真・画像が改変(劣化)されることなくアップされ、それが容量無制限・無料であれば、写真のバックアップに使えるかなと考えた為です。

1600万画素以下ということと、現状の4K(4K DCI)などの状況を見て、解像度を4096x2730pxのJPEG画像(この記事に貼ってある小石川後楽園の青楓写真)を元画像とします。RAW画像から、この4096×2730にPhotoshopで縮小し、JPEG圧縮時の品質を10, 8, 6, 4, 2, 0と6種類の圧縮率(数値が下がると圧縮率があがりファイルサイズが小さくなるが劣化が顕著になる)でJPEG画像を生成し、Google Photosにアップしてみました。Googleの発表の`1600万画素以下`という条件は曖昧ですが、この解像度であれば1100万画素相当なので条件は満たしているはずです。アップ後に、ダウンロードをして、画像の前後を比較してみました。

20150524_korakuen1_2048

<元画像> → <後画像>
Q10 : 5.6Mbytes -> 3.8Mbytes
Q8 : 3.2Mbytes -> 3.8Mbytes
Q6 : 2.4Mbytes -> 3.6Mbytes
Q4 : 1.6Mbytes -> 3.0Mbytes
Q2 : 1.3Mbytes -> 2.7Mbytes
Q0 : 0.87Mbyte -> 2.2Mbytes
* EXIF(撮影時間・カメラ機種・撮影条件等は変更なし。ただし、イメージIDという情報が追記されている)

これを見て分かることは
1)1600万画素のいかなる画像でも、そのままアップされることがなくGoogleの画像処理が入る。
2)Q6, Q8, Q10の実用的圧縮度で比較すると元画像のサイズの違いにもかかわらず後画像はほぼ3.8Mbytesになっているため、Googleサイドで単純に開いて、再圧縮を掛けたわけではない。つまり画像を一度展開し(ビットマップ化し)、何らかの画像処理を加え(?)、EXIFに情報を追加し、Googleの基準でJPEG圧縮基準で再圧縮をしているので、Q6,Q8,Q10の様な元画像のサイズがこれだけ変わっても後画像がほぼ同じサイズになるのかと考えられます。
3)元画像よりも後画像の方が必ずファイルサイズが大きい。つまり画像展開時に何らかの画像処理(顔検出、画像処理、GPS位置データを使った処理)などを行い、その処理結果のパラメータを埋め込んでいる可能性がある。

つまり私が今回調査しようとした`事前に1600万画素以下に縮小しておけば、そのままアップされるわけではない(改変される)`ということが分かっただけではなく、その画像サイズの不可解な変化により、Googleが何らかの画像解析をしているのが予想されます。

要するにGoogleは`1600万画素を越える大きな画像をそのまま人類全体でアップされたらストレージがパンクしてしまうので、アップロード時に縮小して再圧縮をしている`だけではなく、アップロードのタイミングで、何らかの画像処理をして将来の画像・動画ビックデータとしてアーカイブしてくつもりというのが読み取れます。

つまりGoogleは、無料・無制限という設備投資的にはストレージを常に拡張しなければならないという経費を考えても、人類全体で写真をアップしてもらい、その都度画像処理を含めてアーカイブしていくことは将来的な画像ベースのビックデータビジネスに使えると判断したのでしょう。

Googleは、先日ワシントン大学との共同研究で、クラウド上の画像(とその中のGPS撮影地点データ)から自動で解析し、一つのビルが完成するTime Lapse動画を自動生成する技術を発表しました。
つまり、たとえばAndroidスマホで、お子様の写真を生まれてからずっと撮り続け、Google Photosにアップしていくとします。その度に、顔認識解析されてゆきます。きっと、何年後かに自分のGoogle Photosの画像から、特定の人物の顔写真の成長がわかるTime Lapse動画生成技術を発表するでしょう。
そうやって顔解析をされ続けて育った子供が、将来Googleに就職面接に行く時に、面接官は手元の端末で、その子が生まれ育った環境、成長等が全部こっそり見ながら面接しているなんてことも普通にあるわけです。
もちろん今までのPicasa, Google Drive, Google+の画像も同じような画像処理をしていた可能性は高いです。InstagramやFacebookも同様です。しかし、今回、無料・無制限という梶を切ったことで、全世界のAndroid、Googleユーザーが無料ということに飛びつき、どんどん画像をアップし、そのままGoogleに解析されながらアーカイブされていくモデルは容易に予想が付きます。

今回、Photoshopで1600万画素以下に自前で縮小し、その画像が一切改変されずにアップされていたら、私も使おうかなと思いましたが、今回の簡単のテストでいかなる画像も一度Googleの検疫を受けることがわかったので、少し使い方は考慮がいるのかなと思いました。とはいえ、私の風景画像なんぞ、いくら解析されても良いので、部屋にある個人管理のNAS(ローカルストレージ)が万が一壊れて今までの何十万枚の写真が失われるリスクと、内容が解析されてGoogleの将来ビジネスに使われるのとどちらが良いかはトレードオフですね。
今回の発表で多くの方が無意識で使い始めることになると思いますが、うがった見方をすれば、こういうこともあり得ますのでちょいと書いておきました。

(追記):今見てみると既にもういろいろな解析ははじまっていて、私がアップした数点の写真は、画像から場所が特定されていました(たとえば、金沢、京都、横浜、仙北市など・・・)これはもう止められるレベルでもないですな(^^) 既に画像から場所を特定できるようです。おそらくPCからアップされる`ただの`画像より、GPSとGyroで位置・撮影方向などのメタデータが付加されたスマホの画像こそビックデータとしてはおいしいデータとなりますね。

(追記:2015/06/05) AppleのクックCEO、「ユーザーの情報をマネタイズするのは間違っている」@ ITmedia ニュース
クックCEOは、Googleが無料化・無制限化しても画像・動画の解析・アーカイブ化・ビックデータ化で将来収益が見込める(マネタイズ)と考えたのに対して、Appleは間違っていると明言。(こうやって白黒つけてはいけませんが、プライバシーの考え方には違いがありそうですね)

Google Photosの無料・無制限ストレージにおけるGoogleの画像解析・収集戦略について」への6件のフィードバック

  1. 解析と考察とても助かりました。先方の記事をRSS購読していてよかったです。これからも陰ながら応援していきたいと思います。

  2. はじめまして。
    こちらのブログのこの写真を拝見して、迷いが吹っ切れ、この8月にM3を購入した者です。
    ブログ内のどの写真も素晴らしく感動いたしました。
    それで、同じように迷っている方に、M3画像の素晴らしさをお伝えいたしたく
    価格コムのレス欄で、「浜松町からの夜景写真」のページを紹介させていただきました。
    事後報告で、まことに申し訳ありませんが、ご了承いただけますようにお願い致します。
    http://bbs.kakaku.com/bbs/J0000014695/SortID=19372428/?lid=myp_notice_comm#19374138

  3. はるみさん

    はじめまして。M3を求められたとのこと。調子が良いようで良かったです!
    全体的に動きは遅いですが、画質面に関しては完全に信頼がおけますね。
    私もフルサイズの一眼レフは全くつかわず、主力が、M3, M(初代)です。完全にミラーレスの時代になりました。
    kakaku.comでもご紹介もありがとうございます。全く問題ございません。
    なんだかんだといって、RAW現像まで通したトータルの写真撮影は、Canon/Nikonの安定感は信頼がおけますね。

    このサイトの最近の写真はほぼEOS M3です。
    http://spacewalker.jp/mt/spacewalker/archives/13408
    このあたりの菖蒲なんかもEOS-M3ですがよく写るカメラだなぁと思います。

  4. miyashitaさん
    快くご了承くださいまして、ありがとうございます。

    このサイトの中の写真は、どれも素晴らしく美しくて、何度も繰り返し拝見させていただいています。
    EXIF情報も公開してくださっているので、初心者には大変勉強になります。
    とはいえ、私は、まだカメラ任せのオートだけで、自力で撮ることはとてもできそうにもありませんが。
    M3は、私のような初心者が、オートで撮っても、色や質感がきちんと再現されるので、使うたび感激しています。
    いつか、miyashitaさんの写真のような、光と色合いで写真を撮れるようになりたいと思っていますが、
    こればかりはもって生まれたものの差が大きいようです。(^^ゞ
    これからもmiyashitaさんの写真や、お書きになったもの読ませていただくのを楽しみに訪問させていただきます。
    ありがとうございました。

  5. はるみさん

    いえいえ、こちらこそご紹介ありがとうございます。
    ほとんど放置気味で閲覧者も皆無のブログにこうやってコメントいただけるのはありがたいことです。

    そうですね。私はプロではないですし、商用でやっているわけではないので、EXIFをそのまま載せています。
    何かの参考になれば幸いですし、この写真はどうやって撮ったとか質問、ご意見ありましたらお気軽にどうぞ。
    ただ、EXIFまでご覧になっているような方は探求心も調査力も向上心もございますので、一気にレベルアップされるのではないかと思います。どんなものでも近道はございませんものね。

    M3は良くできていますね。画質面でしたらフルサイズが不要と言えるレベルだと思います。実際私がフルサイズを使わなくなりM3(+M初代)に移行していますから、私の中でももうAPS-Cが現時点ではとても良いフォーマットかなと納得しています。
    11-22mmのレンズが極めて高性能なのでEOS-Mシリーズは成功しているんだと思います。

    またたまに足をお運びください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください