Fujifilm X-T5を予約を考えている人!改めてX-H2はいかがですか?(発表前動画)

2022/11/02のX-Summit Tokyo 2022 NovでX-T5が発表されるという噂がでてきました。スペックの噂もかなり出そろってきており、噂が本当だとするとかなり魅力的なスペックでX-T3/X-T4の良いとこどりのカメラとなりそうで、購入を検討されている人も多いかと思います。他方で、X-T5のセンサーがX-H2と本当に同じものである(X-Trans CMOS5 HR : 40Mpix)だとすると、あらためてX-H2のパワフルさ(静止画・動画)は魅力であり、X-H2ユーザーとしてはX-H2も再考してみてはどうですか?という観点で動画を作りました。 元X-T3/X-T4ユーザーですので、X-T5の撮影スタイルは理想的に見えます。他方でX-H2を1か月以上使ってきていてかなり慣れてきました。X-H2のスタイルに慣れてしまえば、その他各部妥協のないX-H2はかなり魅力的なカメラだと思います。
*多少煽りがあるエンタメ動画ですのでご理解ください。
*あくまで噂サイトをベースとした情報での内容であり、X-Summitでの正式な発表をおまちください。X-T5が発表されるということもあくまで噂です。
*2022/10/30現在の動画であり、未来から見れば情報が古いはずですのでご了承ください。

<チャプター構成>
0:00 導入
1:44 X-T5の予想スペックとX-H2のアドバンテージ
10:17 私のX-H2の撮影スタイル(カスタム設定)を紹介
16:08 X-T5の6K動画について
18:09 まとめ

<製品リンク>
・Fujifilm X-H2ボディ(amazon):https://amzn.to/3eP9sXz
・X-H2公式サイトhttps://fujifilm-x.com/ja-jp/products/cameras/x-h2/
・X-T4公式サイト https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/cameras/x-t4/
・XF56mmF1.2 R WR https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/lenses/xf56mmf12-r-wr/

Share
Fujifilm X-H2を使って簡易フィルムスキャン撮影(ピクセルシフトマルチショットが有用)。X-H2に限らずどんなカメラでもOK

FujifilmのX-H2などを用いた簡易的なフィルムスキャン撮影および現像方法を紹介します。撮影方法は単純なものなので、どんなカメラでも撮影可能です。X-H2は富士フィルムXでは現時点で高解像度機(40MPix)ですので高解像度なスキャンが可能です。またピクセルシフトマルチショットを用いることで更に解像感がでることがわかりました。撮影の仕方やLighroom Classic & Photoshopでの現像処理(あまりうまくはありませんが)も紹介しますので何らかの参考になれば幸いです。今回は、35mmフィルム(135mm判),中判(ブローニー120 : 6×6)のポジ・ネガフィルムで試しました。

* X-H2を使いましたが、どのような富士フィルム機でも撮影可能ですし、なんならどのメーカーのカメラでも同じように撮影できます。
* 途中で咳が入ってしまい申し訳ありません(カットを忘れました)

<チャプター構成>
0:00 導入
5:50 撮影フロー
8:27 私のレンズ設定(参考)
10:08 ブローニー(120)フィルム撮影の様子
12:24 35mmフィルム撮影の様子
13:40 Fujifilm Pixel Shift Combinerについて
14:32 Lightroom Classic & Photoshopによる現像フロー
36:20 スキャン例とまとめ

<製品リンク>
・Fujifilm X-H2ボディ:https://amzn.to/3eP9sXz
・FUJIFILM エクステンションチューブ MCEX-16 : https://amzn.to/3eUUuPB
・Fujifilm XF90mmF2 R LM WR : https://amzn.to/3F2N08a
・Fujifilm XF18-120mmF4 LM PZ WR : https://amzn.to/3Tph16a
・富士フイルム ライトボックス LEDビューワープロ4×5 : http://mall-jp.fujifilm.com/shop/g/g201618355/

Share