スマホ用熱赤外カメラ FLIR ONE PRO(Android版)を試す

熱赤外(いわゆるサーモグラフィー的な撮影)のために、以前はiOS用に持っていたFLIR熱赤外カメラですが、iOS端末と一緒に手放してしまいました。しかしやはり定期的に熱赤外カメラは使いたくなるわけでAndroid用を買いなおすことにしました。以前使っていたFLIR ONEから、FLIR ONE PROにアップグレードし、Android USB-C接続用が発売されていました(発売自体は2017年らしい)。FLIR ONE PROは、iOS用とAndroid用があるのですが(日本はiOS(iPhone)ユーザーが多いのから?)、iOS用はamazon, yodobashiでも売っているのですがandroid版は在庫がないか、在庫があっても非常に高いか。いろいろ調べた限りAndroid版FLIR ONE PROはアールエスコンポーネンツが一番安く売っていました(在庫があったので即納でした)。おそらく定価はiOS版もAndroid版も一緒だと思うので、日本はAndroid版の流通量が少ないからこんな値段の差がでているのですかね。RSといえば本業ではよく使っていますが、個人でも回路づくり等で電子部品をロジックICなどチップ単位で購入できるので定期的に使っていますが、最近はこんなカメラ単位の製品も扱っているのですね。ずいぶん前の記事「iPadでプリメインアンプの音量を遠隔制御するシステムを作ってみた。」でも紹介していたプリメインアンプを遠隔で制御する回路のNPNダーリントントランジスタICが壊れていたので今回新調して久しぶりに動かしました。それにしても近年の半導体不足は深刻で、FPGAなどはどこにも売っていないですね・・。

さて、FLIR ONE PROを開封してゆきます。

FLIR ONE PRO (Android USB-C接続)

以前の旧型Android版は、microUSB用だったので当時としてUSB-C版が出るまで待とうと思い、とりあえずiOS版を買った記憶があります。その後2017年になってFLIR ONE PROになりUSB-C版で発売されていました。

See the Heat.
うん。かっこいいw
FLIR ONE PRO (Android用 : USB-C)
専用ソフトケースがついていました。

このとても暑い夏にむけてパシャパシャ撮影してみました。スマホはGoogle Pixel 4a。USB-CのAndroidであれば必ず動作するとは限らないので購入前にご確認ください。さすがにGoogle Pixelは大丈夫かなとおもいましたが、やはり全く問題ありませんでした。

部屋の撮影:エアコンの冷気出口が明確にわかりますね。
木々の中で前を歩いていた人。
木々に比べると人体は暑いですが、体温が30.6度では低いので絶対温度計測はもう少し工夫がいりそうです。
真夏の炎天下で道・橋・建物はチンチンに暑そうです。
道・橋・建物に比べると空は温度が低く見えますね。
その中でも人体は高く表示されていました。車が通ると車の排気ガスの部分が一番熱く検出されていました。
大きな鏡があったので自分自身を鏡で撮影してみました。
熱赤外って鏡で反射するのですね(あたりまえか)
やはり自分の体温も31.8度ってことはないのでやや低く出ますね。キャリブレーション機能があるようなのでもう少し調査してみます。
動画も撮影可能です。

今回はとりあえずFLIR ONE PROのクイックな撮影テストをしてみました。温度に応じた着色の仕方、キャリブレーションの仕方(絶対温度がどうもあっていない)などもう少し使い慣れたら再度レビューしたいと思います。

Share
Windows11 Pro(Preview)での主要写真・映像系アプリ人柱動作確認。Photoshop, Lightroom, CaptureOne, X Raw Studioなど

Windows11 Pro (Release Preview: 22000.176)で写真・映像系アプリを動作確認しました。 2021/10/05に正式リリースされるWindows 11 Proですが、Windows Insider Program経由で入手可能です。残り1か月となり正式リリースにかなり近い状態ということで各種アプリの動作確認をしました。動作するのか気になっている方のお役に立てばと思います。 何か試してほしいソフトウェア・アプリがございましたら動画のコメント欄にどうぞ。

0:00 導入
2:14 Win11の映像系(HDRなど)、Photoshop動作(30bitカラー)
5:16 Lightroom Classic + MIDI2LR
7:14 Capture One 21 Pro + テザー撮影テスト
7:59 Davinci Resolve 17 Studio + NVENCレンダーテスト
10:53 PhotoMechanic Ver6.0
12:37 set.a.light 3D Studio 2.5
15:15 FUJIFILM X RAW STUDIO + USBカメラRAW現像テスト
17:35 Photomatix Pro (HDR)
18:08 まとめ

<留意>
・2021/09/05時点での検証です
・あくまで私の環境での簡易テストですので、業務やクリティカルな場面での先行導入には十分なテスト等別途実施ください。
・Win 10 Pro(64bit)最新版ですでに写真・映像系アプリはインストール済みの状態で、Win11にアップグレードした状態でテストしています(Win11のクリーンインストールではありません)。
・Ryzen 5 3600, GTX1070の環境です。

Share
Lightroomのカタログから好きなレンズ・撮影傾向の分析方法と富士フイルムのおすすめレンズの紹介。SQLiteによる詳細な分析方法。

Adobe Lightroom Classicのカタログファイルは自己の撮影傾向・使用レンズなどを分析するのに最適です。ライブラリモジュールのメタデータフィルターを活用し、自分がどんなレンズでたくさん撮影しているのか等を客観的に判断できます。
富士フイルムに移行して約15万枚の撮影をした結果、どのようなレンズを使っていたかを分析し、フジノンレンズの個人的なオススメレンズを紹介したいと思います。 動画後半:Lightroom Classicのカタログファイルは、SQLite形式なのでデータベース・分析になれている形向けにテーブル情報等の紹介・簡単な分析クエリを紹介します。

<動画の流れ>
0:00 動画の概要・目的
0:45 動画の流れ(1年8ヶ月で富士フイルム機で撮影した約15万枚の撮影データから、使用頻度の多かったレンズをLightroom Classicを用いて分析)の紹介
2:23 Lightroom Classicを用いたカタログでのデータ分析の紹介。XF35mmF1.4, XF56mmF1.2, XF90mmF2がやはり撮影枚数が多かったオススメレンズ。
9:53 動画前半のまとめ。ご自身のカタログで同様の分析をして新しい可能性を広げるには?
10:45 動画後半:Lightroom Classicのカタログ(SQLite形式)を実際にSQLiteクライアントでアクセスして、テーブル構成の説明、クエリを発行してみます。

<動画後半のテーブル情報・クエリ情報>
画像単位のテーブル(撮影日・フォーマット(Bit深度,RAW,JPEG)、画像サイズ・・・)
SELECT * FROM Adobe_images;

Exif単位のテーブル(撮影日・絞り・焦点距離・ISO・SS・GPS・カメラ・レンズ・・)
SELECT * FROM AgHarvestedExifMetadata;

カメラ単位のテーブル
SELECT * FROM AgInternedExifCameraModel;

レンズ単位のテーブル
SELECT * FROM AgInternedExifLens;

焦点距離別グループ化の撮影枚数(例)
SELECT focalLength,count(id_local) AS shots FROM AgHarvestedExifMetadata GROUP BY focalLength

ISO別グループ化の撮影枚数(例)
SELECT isoSpeedRating,count(id_local) AS shots FROM AgHarvestedExifMetadata GROUP BY isoSpeedRating

レンズ名グループ化の撮影枚数(例)
SELECT T_LENS.value AS lensName, count(T_EXIF.id_local) AS shots FROM AgHarvestedExifMetadata AS T_EXIF LEFT JOIN AgInternedExifLens AS T_LENS ON T_EXIF.lensRef = T_LENS.id_local GROUP BY T_LENS.value

カメラ名グループ化の撮影枚数(例)
SELECT T_CAMERA.value AS Camera,count(T_EXIF.id_local) AS shots FROM AgHarvestedExifMetadata AS T_EXIF LEFT JOIN AgInternedExifCameraModel AS T_CAMERA ON T_EXIF.cameraModelRef = T_CAMERA.id_local GROUP BY T_CAMERA.value
*留意:あくまでカタログファイル(.lrcat)をコピーしてから行い、本カタログデータを破壊しないようにご留意ください。

<関連動画>
Fujifilm X-T3 長期使用レビュー(X-T4, X-H1, Canon/Sonyなどとの比較も)(その1)
https://youtu.be/QZZqtZBui9g

<動画中の製品リンク>
Fujifilm X-T3 : https://amzn.to/2VnijBV
Fujifilm X-T4 : https://amzn.to/3a8SgnC
Fujifilm XF10-24mmF4 R OIS : https://amzn.to/3eeVCIG
Fujifilm XF23mmF2 R WR : https://amzn.to/3efxF43
Fujifilm XF35mmF1.4 R : https://amzn.to/3a3DGO3
Fujifilm XF56mmF1.2 R : https://amzn.to/2Vqi88U
Fujifilm XF90mmF2 R LM WR : https://amzn.to/3b4Thhs
FRINGER EF-FX PRO II : https://amzn.to/3b6dgfK
Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM : https://amzn.to/2V0ULnl

Share