FUJIFILMが公式SDKを提供開始。X-T4, X-T3, GFXなどをWin/Macから制御するアプリ開発(C++)が可能に。サンプルアプリケーションのビルド・動作テスト

富士フイルム(FUJIFILM)が、X-T4, X-T3, X-PRO3,およびGFX向けにPC(Win)/Macから遠隔制御・画像転送できるソフトウェア開発キット(SDK)を提供開始しました。この動画では、そのSDKの概要と、Windows 10 ProとVisual Studio 2019を用いて実際のサンプルアプリケーションをビルドし動作テスト(X-T4を遠隔撮影テスト制御)してみます。

<動画の内容>
0:00​ 動画概要
0:20​ FUJIFILM公式サイトを見ながらでのSDK解説
3:53​ Win10Pro+VisualStudio2019(C++)+SDKで実際にサンプルを動作確認(X-T4撮影制御)

<SDK 公式サイトリンク>
FUJIFILM X Series and GFX System Digital Camera Control Software Development Kit
https://fujifilm-x.com/global/special/camera-control-sdk/ja/

<動画中の製品リンク>
Fujifilm X-T3 : https://amzn.to/2VnijBV
Fujifilm X-T4 : https://amzn.to/3a8SgnC
Fujifilm XF56mmF1.2 R : https://amzn.to/2Vqi88U
Fujifilm XF90mmF2 R LM WR : https://amzn.to/3b4Thhs

Share
Fujifilm X-T4,X-T3のテザー撮影方法と画像転送時間比較(Capture One Pro, Lightroom Classic)

富士フイルムX-T4,X-T3のテザー撮影時の画像転送時間を速度比較・計測します。スタジオや自宅の撮影などテザー撮影は便利なことも多く、撮影してからすぐに表示できるか、現像できるかが重要です。あまり遅いとテンポよく撮影できません。今回の動画では、4つのテザー撮影方式を比較し、実際に計測することで速度比較を行います。

方式[1] Adobe Lightroom Classic + Fujifilm X-Acquire(無償) USB接続
方式[2] Adobe Lightroom Classic + Fujifilm X-Acquire(無償) Wi-Fi接続
方式[3] Adobe Lightroom Classic + Tether Shooting Plug-in Pro(有償) USB接続
方式[4] Capture One Pro 21 USB接続

<動画の内容>
0:00​ 動画概要
1:40​ X-T4カメラ側でのテザー撮影設定方法
3:59​ Lighrtoom Classic側でのテザー撮影設定方法
7:00​ 実際の4方式のテザー撮影転送速度比較
7:47​ 計測結果・動画まとめ

<プラグインのリンク>
Adobe® Photoshop® Lightroom® + Tether Plugin
https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/software/adobe-photoshop-lightroom-tether-plugin/
FUJIFILM X Acquire
https://fujifilm-x.com/ja-jp/support/download/software/x-acquire/

<動画中の製品リンク>
Fujifilm X-T3 : https://amzn.to/2VnijBV
Fujifilm X-T4 : https://amzn.to/3a8SgnC
Fujifilm XF56mmF1.2 R : https://amzn.to/2Vqi88U
Fujifilm XF90mmF2 R LM WR : https://amzn.to/3b4Thhs

Share
動画ファイルの「9時間ずれ」を一括解決する方法(Fujifilmミラーレス動画などをGoogleフォトにアップロードする場合などに発生)

Fujifilmのミラーレスカメラなどで撮影された動画ファイルは、パソコンに取り込むと+9時間ずれを起こすことがあります。例えば、その動画ファイルをGoogleフォトなどにアップロードすると静止画は正しい時間にアップロードされるのに動画だけ+9時間の未来にアップロードされ、時系列で静止画・動画を表示すると場面がずれてしまい困ります。この動画では、exiftoolを使って動画ファイルを一括で-9時間しこの問題を解決します。

*この問題は富士フイルム機ではほぼ発生しますが、Canon, Sony, Nikonなども同様に発生する可能性があります。スマホなどはUTCで管理することでうまくやっているみたいですね。

<動画の内容>
0:00 動画の目的・内容概説
2:49 exiftoolで一括解決するコマンドの紹介
7:35 Windows 10での実際にexiftoolを使った実演
14:15 macOSでの紹介
15:15 まとめ

<富士フイルムの本問題に関する概説>
デジタルカメラ Q&A回答 スマートフォンに取り込んだ動画の撮影時刻が9時間ずれている

<ExifTool by Phil Harvey>
https://exiftool.org/

<コマンド例>
1)は、動画ファイルを機種名付きで撮影時間をファイル名にする方法
2)は、-9時間一括でずらす方法

Windows 10 (コマンドプロンプト)
1) “exiftool.exe” “-FileName < ${datetimeoriginal}_${model;}_%f.%e” -d %Y%m%d-%H%M%S D*.MOV
2) “exiftool.exe” -overwrite_original -alldates-=9 -api largefilesupport=1 *.MOV

macOS, Linux (シェル・ターミナル)
1) exiftool ‘-FileName < ${datetimeoriginal}_${model;}_%f.%e’ -d %Y%m%d-%H%M%S D*.MOV
2) exiftool -overwrite_original -alldates-=9 -api largefilesupport=1 *.MOV

[1] 1)の${model;}が機種名の部分なのでこれを削除すれば機種名がファイル名にはいりません。
[2] 1)は、YYYYmmdd-HHMMSSというような年月日-時分秒のファイル名に変更します。
[3] 2)の-overwrite_originalスイッチで元データを直接編集するのでお気を付けください。失敗しても良い動画で事前にテストしてください。
[4] 2)の-alldates-=9が-9時間の部分です。+5時間なら-alldates+=5となりますね。
[5] -api largefilesupport=1で、2GBを超える大きな動画ファイルでも対応します。

*責任は負いませんので、失敗しても良い動画ファイルを用意して事前に確認してください。

Share