FujifilmカメラとGODOXストロボの注意点。連射発光できない問題を回避(Manualモードにならない問題)【富士フイルム X-T4など】

Fujifilm カメラ全般(X-T4, X-T3など)とGodoxのストロボ(ワイヤレスコマンダー)X2T-Fなどを組み合わせた場合に、「フラッシュ機能設定」をM(Manual)モードに設定ができないという問題があります。GODOXがファームウェアアップデートをしない限り回避はできなそうです。そのため、GODOXコマンダーとストロボ側をM(Manual)に設定しても、カメラ側はTTLとなってしまい、撮影毎(発光毎)にTTL測光動作が入ってしまい連射ができません。それを回避する方法を紹介します。

<動画の内容>
0:00 動画概要
0:43 Fuji X-T4 + Godox X2T-Fでの問題について
7:38 回避方法概説

<動画中の製品リンク>
Fujifilm X-T3 : https://amzn.to/2VnijBV
Fujifilm X-T4 : https://amzn.to/3a8SgnC
Fujifilm XF16-55mmF2.8 R LM WR : https://amzn.to/3zi4VkE
GODOX AD200Pro : https://amzn.to/3lwR3y1
GODOX X2T-F TL : https://amzn.to/3tPw7Wz

Share

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.