自宅で自分のレンズを測定。レンズチャートを使って簡単にテスト。Fujifilm X-T4, XF16mmF1.4などを使って実演動画

御自宅で簡単にできるレンズの解像度測定方法を紹介。レンズチャートを用いて簡単にテストし、自分の持っているレンズの各F値(絞り)に対する解像度をチェックします。 レンズの性能は公式サイトや各種レビューサイトに掲載されていますがレンズは一本一本個体差もあり、また各F値に対する解像感は自分で撮影してみるのが一番だと思っています。 現在は家にいる機会も多いと思いますので、このタイミングでお持ちのレンズを一通り測定し、特性を掴んでおくのはいかがでしょうか? 本動画では、Fujifilm X-T4, XF16mmF1.4, XF23mmF2, XF10-24mmF4とレンズ解像度チャート、三脚を使っての測定方法の解説と実際に撮影したデータを比較して、絞り(F値)に対する傾向を確認します。

<ISO12233 解像度チャート:PDF形式>
*ISO 12233 Test Chart Stephen H. Westin: https://www.graphics.cornell.edu/~westin/misc/res-chart.html
*上記ページにあるPDF直リンク: https://www.graphics.cornell.edu/~westin/misc/ISO_12233-reschart.pdf

<動画の内容>
0:00 動画の概説: ISO12233 解像度チャートを用いた実際の撮影方法の概説。富士フイルムX-T4 + XF16mmF1.4での実演
7:12 本動画での機材・レンズリスト紹介(X-T4, XF16mmF1.4, XF23mmF2, XF10-24mmF4)
8:13 実際の撮影データでの解説:Fujifilm XF16mmF1.4 R WR
11:15 実際の撮影データでの解説:Fujifilm XF23mmF2 R WR
13:33 レンズ比較:Fujifilm XF16mmF1.4 R WRとXF10-24mmF4のf=16mm域の比較
17:22 レンズ比較:Fujifilm XF23mmF2 R WRとXF10-24mmF4のf=23mm域の比較
20:09 まとめ:テスト撮影したデータの見方(3つの観点)と撮影時の活かし方。あくまで自己的な撮影指針に使う程度に留め、やはりレンズへの愛着と被写体が重要な事について。

<動画中の製品>
Fujifilm X-T4 : https://amzn.to/3a8SgnC
Fujifilm バッテリー NP-W235(X-T4用) : https://amzn.to/3aJ0i6W
Fujifilm XF10-24mmF4 R OIS : https://amzn.to/3eeVCIG
Fujifilm XF16mmF1.4 R WR : https://amzn.to/2SGw6TP
Fujifilm XF23mmF2 R WR : https://amzn.to/3efxF43

Share

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.