【未来への1分】プロジェクト

昔の映像を見るのがとても好きで息抜きの時にYoutubeなどでよく見ています。

特に何かを作り込んだ映像ではなく、何気ない街の様子が定点で記録されているその場所・その時の街角・人々の映像が実に興味深く、そのカメラを通してタイムスリップしているような視点が実に面白いと思っています。

そこで、今我々が生きているこの場所・時間を未来の人類へ向けて残してやろうというのが【未来への1分】プロジェクトです。視聴者の想定は未来の人類ですから、きっとその映像は「過去はこんなんだったんだ」と思いながら見ているはずです。

そこで、『未来人に向けて』(←これが大切)、今の街の様子、そこに映っている物・人・技術・その日の事などの情報を声で解説を付けた定点カメラの動画を残します。声での解説の後には、その映像を未来で使いやすい様に1分程度無言で撮影する(街の音声は録音する)というルールにします。その他のルールは以下の通り。

【未来への1分】のルール(2019/02/11ver) 

  • 1) 三脚などを使って、できるだけカメラの視点を固定する。
  • 2) 未来の人に対して、映っているその時・その状況を声で解説する。
  • 3) 解説の後に約1分程度はしゃべらない時間を記録する(街の音は記録)
  • 4) できるだけ高画質で撮影する。現時点では4K60Pなど。
  • 5) 記録開始時刻を日時(分単位)を記録する(ファイルタイムスタンプをあとから参照することでOK)
  • 6) Youtubeにアップロードする。
  • 7) 未来の人類の為に クリエイティブコモンズライセンスとする。
  • 8) Youtubeでのアップロード動画に、撮影日、撮影開始時間(分単位)、撮影場所(住所)、撮影方向等のオプション・説明を設定する。

早速、門前仲町に散歩に行く機会があったので撮影してみました。まだ慣れませんが。

とりあえず、1分程度の動画なら撮影するのもそれほど苦にもならないので、何か旅行など行った時にもたまにこのルールに沿った動画を撮ってあげてみようと思います。未来の人類の為に(笑)

(撮影してみて思ったのは「未来人に対する解説」を話す様子はちょっと恥ずかしい(笑))

Share
Russia Moscow w/ Fujifilm X-T3

前の記事に書いたように新しいカメラX-T3が来たのでモスクワ出張の移動日にパシャパシャ撮ってきました。

この15年で何度もモスクワには行っていますが、毎年毎年街が良くなっています。
まず、空気が実に綺麗になりました。昔は街中でエンストしていた自動車もほぼ見かけなくなりました。(ただし渋滞は相変わらず)
地下鉄もWorld Cupを受けて、最新型の車両も多く、車内にUSB充電ポートやタッチパネルによる多言語対応案内図など日本より進んでいます。
地下鉄の駅は変わらず芸術的に美しく良い感じです。地下鉄の車内放送に英語アナウンスが入るのも感動的です。

またモスクワ中心部は食事が実に美味しくなり、東京の下手なお店よりも数倍美味しい食事が頂けます。
今年はモスクワも暖冬の様で、氷点下に入る時期なのに過ごしやすい気温でした。


*モアレが発生していますが、窓があるからです。

Share